2016年03月29日

ブログに限らず、文章を書く上で大切なこと

最近、パートの面接で
「文章を書く時に、一番気をつけていることはなんですか?」
という質問をされました。

面接中というのはどうにもテンパってたりして、
とっさにいい答えが出ないもので、
なんだかしょうもうないことをしゃべって帰ってきてしまった気がします。

…で、あらためて落ち着いて考えてみたら、
あるじゃないか、大事なことが…という…www。

あまりにも当たり前に染み付きすぎて、
とっさに出てこなかったこと。

それはもちろん、

正確であること、

です。

な〜んだ、そんなことか、と思われるかもしれませんが、
これがなかなか難しい。

第一に、
情報ソースに誤りがないこと。

第二に、
誤字脱字がないこと。

第三に、
誤解を与えないこと。

以上の三点がすべて完璧にできてこそ、正確な文章として認知される、
というふうに考えて、私自身はそのように心がけてます。

もう少し詳しく言い換えると、

情報自体が正確かどうかなるべく裏を取り、

それを正しく伝えるために誤字脱字なく、正確に書き、

読者に誤解を与えないよう、わかりやすく的 (まと)を絞って書く。

…という感じ。

最近はデマやあっちこっちに偏った情報がさも本物らしくネットに掲載されていることも多く、
情報の裏を取るのはなかなか手間です。
ただ、日頃からなんてことないニュースの裏までとる習慣にしておくと、
ガセをつかまされることが減るし、ガセネタへの嗅覚が磨かれてくると思います。

そうなると、書く前の情報収集のためには、実は読む能力が結構大事という気もします。
書き手の真意や事情まで読み取れないと、正確に文章は読めない。
正確に読めなければ、情報を正確に引き出すこともできない。

にわとりと卵みたいなことになってきますね…。
非常にめんどくさい話です。
勉強が大事、という話にもつながってきますが、
勉強の仕方を間違えると大変、という話にもなります。
(偏った情報の波になまじ勉強熱心な人が飲まれると、洗脳状態のようになってしまうようです。)

第一段階だけでも結構骨が折れますが、
第二段階もそれなりに面倒くさい。

誤字脱字は探し慣れれば、案外きちんとなくせるのですが…
人によってはなかなか難しいようです。
向き不向きは別にしても、
人間というものは、どうしても見落とし、間違うので、複数の目で確認するのが一番確実です。
(最終的には、ほんとそれしかない。)

第三段階は、ほんとこれ難しい。
句読点の位置だけですら、文章というのは曖昧になったり、意味が変わったりしてしまいます。
その上、読み手の読みようによっては、受け取られ方が違うこともあります。
不特定の相手に読ませるブログやSNSでは、いろんな人がいろんな受け取り方をします。

誰が読んでも誤解ない、というのは結構ハードルが高い。

それでも、そこを目指して書き、
なおかつ好んで読まれる文章を書く…というのは、なかなか難しい。

とりあえず時間を置いて、何度も読み直し、できれば他の人にも読んでもらって感想をきく。
これにつきると思います。


至らないまでも、日々、以上のようなことに気をつけながら、
このブログも書かれてます。
よく練らずに書くSNSでは、たまに失敗もしてます。
自分も偉そうなこと言えません。

でも、書く…って、結構楽しい。
クセになるんですよねぇ…。

せっかく人間に生まれたんだから、
楽しく読んだり書いたりしていきたいものです。







posted by なごやん at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

長女(中3)の2学期中間テストの時事問題

うちの長女(中3)も入試に向けてそろそろスパート…したくれたらいいんですが、
どうにもさっぱり。

中3、2学期の中間テストといえば、天王山とも言えるところなんでしょうが…
なんとも大した勉強もせず、
提出物だけはなんとかやり遂げて提出した長女。

中間テスト、金曜に終わりました。
どっちかというと、オワタというのが正しいのかも?
特に数学惨敗。
理科、どうだろう?
英語、国語、社会はマシみたいなんですが…
長女、やっぱり文系なのか?

結果は来週ですが、連休中は点数は考えないことにします。

さて、それはさておき、社会の時事問題に関しては、
いつも私と長女で一緒に最新時事をチェックして
問題を予想するのがこの3年間の恒例となっております。
毎回、なかなかの的中率を誇っていますが、
今回は見事パーフェクトでした!!

  • 鬼怒川の決壊したのは何県(地図で選択・茨城県常総市)。
  • 排ガス試験不正がばれたのは、どの車メーカー(VW)。
  • 安全保障関連法案を通したのは、どことどこの党(自民、公明)。
  • スポーツ庁の初代長官は誰(鈴木大地)。
  • 現在、ラグビーW杯をやってるのはどこの国(地図で選択・イギリス)。

というラインナップでした。
今回、ラグビーW杯で勝った相手国の場所(南アフリカ、サモア)とかもチェックしてたけど、出ませんでした。
(ラグビーW杯、最終結果は一次リーグ敗退でしたが、残念でしたね。)
阿蘇山噴火も出なかったですね。
第三次安倍改造内閣の新三本の矢(GDP600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロ)やスローガン(一億総活躍)とか、
防衛装備庁発足とか、
新閣僚人事とかもスポーツ庁以外、出ませんでしたね。

(追記;2015/10/11)
ノーベル賞関係もうちの子の中学、今回は出ませんでしたが、
入試では問われる可能性大なので、是非覚えておく必要アリですね。
  • ノーベル医学生理学賞 大村智。「線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見」により受賞。(抗寄生虫薬のイベルメクチンでアフリカで約2億人の失明を防いだ)
  • ノーベル物理学賞 梶田隆章。「ニュートリノが質量をもつことを示すニュートリノ振動の発見」により受賞。スーパーカミオカンデは岐阜県飛騨市神岡町。

今回はネタが多かったので、なかなか絞りきれませんでした。
(先生が違えば、これらのネタも出たかもしれません。)

しかし、伏兵が…。
保健体育の時事問題って、そんなんありか〜!
いや、一応、対策してなかったわけじゃないけど、
ネタ多すぎて私もフォローしきれてませんでした。

  • 今夏の世界陸上の開催地(中国・北京)。
  • 世界陸上の男子100m、200m、400mリレー三冠達成の男子の名前と国(ウサイン・ボルト、ジャマイカ)。
  • 世界陸上男子50km競歩3位、オリンピック内定出場選手は誰(谷井孝行)。
  • 次の夏季オリンピック開催地(ブラジル、リオデジャネイロ)。
  • 次の夏季オリンピックの新種目または復活種目(7人制ラグビー、ゴルフ)。

…てな感じだったんですけど、
シンクロのデュエットのオリンピック出場枠取れたとか、東京オリンピックの復活、新種目候補とか、
世界ユース陸上、男子100m、200m優勝のサニブラウン・ハキームとか
そっちくるかと思ってたので、完全に外しました。
世界陸上はチェックしてたけど、名前が覚えきれてませんでした。
う〜、チクショ〜。

てか、体育の先生、こんなに時事問題出したことなかったので、
なんか世界陸上とか、夏季オリンピックとか、
かなり嬉しかったり、楽しみだったりしてるんでしょうね…ww

…まあ、こんな感じでテストのたびに時事問題とにらめっこしているわけですが、
中2以下は中3よりテストも遅いし、
よろしければ参考にしてやったくださいまし。

posted by なごやん at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テストの時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

PTAは楽しい?楽しくない?(PTA活動初心者の基本的心得)

PTAに当たってしまったり、
断り切れなかったり、
はたまた希望どおりに入れたり…

いろんな形でPTAにかかわり始めた方も、
そろそろ活動が本格的に始まって、
「思ったより楽しい!」
「友達増えた!」
「こんなはずじゃなかった」
「人間関係が苦痛」
「仕事に無駄が多すぎる」
「決まったことだけやればいいから楽ちん」
「色々、時代錯誤的」
「他の保護者から学校や子供達の情報をもらえた」etc…

いろんな思いや経験をしながら、
種々雑多な活動に取り組んでいらっしゃることでしょう…。

今回は自分の経験も含めてざっくりした話を書いておきたいと思います。

いや〜…実は、
にゃんこさんとこのブログから、こちらにリンク頂いて、
PTA「大変だったけど、楽しかったよ〜」と言ってた人として
紹介されたけど、最近、PTAのこと書いてなかったな〜…と思いまして…(汗)。

私自身は、地区理事、広報部長、会計監査(総務部)、副会長(総務部)と、
小学校で4年続けてPTAに関わりました。

4年もしたので、その間本当にいろんなことがあって、
いろんな人とお話しする機会がありました。
今もおつきあいが続くお友達もできたし、
どうしても苦手だな…とか、できれば避けたい…という方と
ご一緒しないといけないストレスフルな時期もありました。
やたらと陰口を叩かれたこともありました。
(そういう人とはなるべく接触を避けるようにして、あとは気にしないことにしました。)

…まあ、結果、
自治会(連絡協議会)、学校、PTA、行政、警察、先生方のおかれている状況など、
いろんなことを幅広く知ることができて本当によかったです。

大変なこともたくさんありましたが、
やりがいもあったし、
楽しかった。

しんどかった時期は、Twitterなどで同じようにPTAについてぼやいてる人をみつけて
フォローしあうことで、他所の地域でどういう感じになってるか、
情報交換もできたし、気も紛れました。

区や市レベルのPTA行事に参加するときも、
他所はどうしてるか、おしゃべりを通して情報収集したり…。

広報用の写真をデータで扱わない…なんて言ってたのは、
同じ区内、数十校で我が校1校だけだったり…なんてこともわかって
変えるきっかけにもなりましたし…。

注意事項があるとすれば、
自分が請け負った仕事は期日までにしっかり仕上げるということ。
文字や内容などの間違いもなく、ある程度のクオリティで仕上げること。
…でないと、いろんな人に迷惑がかかるし、
迷惑をかけた結果が少々怖い…。

当番を無断欠席とかは、マナー違反。
子供の病気など事情があって急にできないような場合は、早めに上役に相談。
委員会や部会も色々な事情で欠席するのはやむを得ないとしても、欠席連絡だけはきちんと入れる。

ボランティアだからと手抜きは禁物。
同じ学校の保護者同士なんだから、マナーは大切。

もし…不幸にして、自分と合わない人ばかりの中に入ってしまったら、
とりあえずは、おとなしくしているのが無難。
(陰口など、日常での余計な口も慎む。)

もし…幸運にも、自分と合う人やお友達が同じ委員会や部会にいても、
調子に乗ってはしゃぎすぎないこと。
思わぬ落とし穴が待ってる場合があります。

今まで仲良しだったのに、一緒に仕事をしてみたら、「なんか思ってた人と違った…」
みたいな感じで友情にヒビが入る場合も…。
仲良しグループで固まってると、どこそこ保育園のママさんがPTAを牛耳ってるとか、
どこそこ幼稚園出身でないとPTAになれないとか、ならされる…とか、あらぬ噂が立ったり…。
(ああ、面倒くさい…。)

男性もたまにいらっしゃったりはしますが、
まだまだ女性メインのPTA…
基本は「女性ばかりの職場」や「同じ職場の人が集まる社宅」
なんかに近い気遣いが必要だったりします。

とはいえ、母集団の性質が変われば、
年々雰囲気も変わるもので…。
うちの学区では、次女の学年あたりからフルタイムに近い状況で働くお母さんがとても増えました。
それによって、PTAも当たったなら、ビジネスライクにやること効率的にさっさとやってしまおう!…
みたいな空気も以前よりは強くなってきたみたい。
まあ…それも部によってちょっと差はあるようですけど…。

負担が大きすぎたり、やり方が時代錯誤だったり、
無駄な仕事、無駄に見えるけど必要な仕事もありますが…
変えていくには、それなりの立場にいる必要があります。
1年しかいないヒラではなかなか難しい。
でも、聞く耳のある人がいれば、意見や感想を取り入れて、変えていってくれる場合もある。

気負っても仕方ないけど、
悲観する必要もない。
諦めなければ少しずつ変わるし、
声をあげなければ、何も変わらない。
変わらなくていいと思う人にはむしろ楽な世界。

な〜んだか、とりとめのない話になりましたが、
せっかくやるからには、嫌々ではなく、
自分自身の気の持ちようを工夫して、
気負わず楽しくできればいいな…と思います。

同じ仕事で苦労した仲間…というのは、
単に気の合う仲間とは違った意味でよいお友達になれたりもします。
単なるママ友と違って、個人としてのつながりができる場合もあるのは、PTAならでは…。

みなさんのPTA活動が素敵なものでありますように…♪


posted by なごやん at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PTA 広報部、総務部、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

"King of the Blues" B.B.King (ブルースの帝王、B.B.キング) 逝く

ブルースの帝王、B.B.キング氏("King of the Blues" B.B.King)が
逝ってしまった…。

アメリカの『TIME』によると、
弁護士の発表では、
アメリカの現地時間、
5月14日午後9時40分に
"King of the Blues" B.B.Kingが
ラスベガスの自宅で安らかに息を引き取ったという。
御年、89歳だったそうだ。

AFP通信によると、CNN放送で娘のPatty Kingさんが言うには、
King氏はラスベガス市内の病院に脱水症状で入院していたという話だから、
自宅ではなくホームタウンで…という意味なのかしら???
それとも最期は自宅だったのかしら???

詳しい話がすぐに流れてこない程、
みんなショックなのかもしれない。
(まあ、あっちは今、夜中だし…。)

また巨星が逝ってしまった…
というか、文字通り伝説を残して星になってしまったのね…。

心よりご冥福をお祈りいたします。

Live: United Recorders, Hollyw

新品価格
¥2,474から
(2015/6/18 17:14時点)

posted by なごやん at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする