2010年06月28日

夏の宵に、サントリー『響12年』でおうちカクテル♪〜薫る時間の贈り物〜

めっきり蒸し暑くなった今日この頃。 ビールもいいけど、なにか梅雨のうっとうしさを吹き飛ばすような飲み物が飲みたいな〜と思っていたところ…

サントリー『響12年』の試飲モニターに当選致しました♪ (リンクシェア・ジャパン株式会社のVOICE案件です。) モニター用のミニボトルも本物のデキャンタボトルそっくり! R00120282_3 24節季をイメージしてカットされたガラスが美しいです。 さっそくまずはストレートで香りを確かめてみることに。

おお… なんかとってもフルーティな香り♪ ふわりとした華やぎはあるのに、主張しすぎない感じが素敵です。

説明書きを読むと、パイナップル・プラム・ラズベリー系の香りと書いてありますが… うん、なんて言ったらいいんだろう… なにかもっと渾然と溶け合ったなめらかな香りがします。 これは…期待できそう。 せっかくなので、旦那様も呼んで来て、テイスティング大会をすることに。 まず、トワイス・アップを作ってみました。

サントリーの公式サイト内「ウイスキーミュージアム」の「ウイスキーのおいしい飲み方」よると、 “トワイス・アップは、初めて出会うウイスキーや、新しいボトルの封を切るときにはオススメの飲みかた”なのだそうです。

R00120372

トワイス・アップ(Twice up)の作り方

  1. グラスにウイスキーを注ぎ、同量のミネラルウォーター(常温)を注ぎます。
  2. よ〜く冷えたチェイサーを添えて、出来上がり。
え…と、ちゃんと計量しなかったので、

だいぶ薄めになっちゃいました(汗)。

お味は…マイルドで非常になめらか。 喉をするっと下っていきます。 とってもフルーティですが、後味にほんのりスパイシーさが残ります。 上品で楚々とした味わいですね。

『響12年』! 12年ものということで、少し構えていましたが、 予想に反してかなり飲みやすい!!

むむむ… ひらめいた!! こんな暑い日には、 『響12年』でミントジュレップがいいかもしれない!! “夏の午後に…” R00120422 『響12年』でミント・ジュレップ(Mint Julep)の作り方
  1. ロンググラス(タンブラーなど)にグラニュー糖5g、その上にミントの葉2〜3枚を落とし、
  2. 軽くスプーンの背でグラニュー糖にミントを押し付けます(苦くなるので、葉を潰さないように!)
  3. ミネラルウォーター少々を注ぎ、グラニュー糖を溶かします。
  4. グラスにクラッシュド・アイスをたっぷり入れ、
  5. 『響12年』を10〜40ml程度、お好みにあわせて注ぎ、軽く混ぜます。
  6. 次に炭酸水をグラスいっぱいまで注ぎ、ミントの葉をお好みの量足して、よく冷えるまでステアします。
  7. 最後にレモンの薄切りを浮かべて、1回ステアします。
え…と、 アルコールに弱い私用にまたもや薄めに作りました(^-^;。 が!美味し〜い!! これは、イケる! 爽やかであとくちもさっぱり♪ 夏の暑い日の午後にぴったりです。 ごくごく飲めるタイプの飲み物なので、休日のランチのお供にもいいかもしれません。 ミント・ジュレップは、本来バーボンで作るのが伝統のようですが、 『響12年』でもしっくりバッチリ! 爽やかさUPのため、強めの炭酸水(今回はWilkinsonを使用)がおすすめです。 また、ウイスキーや砂糖の量を調節すれば、辛口がお好みの方にも対応できそうです。 飲んでるうちに、 もうひとつ、ひらめいちゃいました! 『響12年』の『午後の紅茶』割り! (すいません。サントリーさんのペットボトル紅茶はリプトンなのですが、ストレートタイプが販売されてないので使用できませんでした…。(汗)) “夕日を映して…”

R00120432

『響12年』で『午後の紅茶』割りの作り方
  1. グラスにたっぷりの氷を入れ、『響12年』を10〜40ml程度注ぎます。
  2. 次によく冷えた『午後の紅茶』(ストレート)をグラスいっぱいまで注ぎ、
  3. よくステアします。
  4. あれば飾りにさくらんぼを載せます。
  今回は、紅茶の色が映えるように大きめワイングラスで作ってみました。 これ…意外にしっくり来ます。 ちなみに『午後の紅茶』シリーズの中でもペットボトルのストレートがベスト。 (実は、紙パックだと味が違うのです。香りも紙パックよりペットボトルの方が私はいいと思います。) 『午後の紅茶』の渋み、酸味、甘み、香りのバランスが主張しすぎず、 なぜか『響12年』にしっくり♪ 醸し出される香りのハーモニーが楽しめます。 さくらんぼを加えることで、さらにフルーティな香りが引き立って、いい感じです(しかもグラスの中のさくらんぼが、また美味い!!)。 そうこうしている内に日も暮れたので、続きは夕食後。 ふくれたおなかの負担にならず、 夏の夜にぴったりの爽やかな飲み方をふたつ試してみました。 まずは、『響12年』のペリエ割り。 これは、サントリーさんもお薦めの飲み方だそうです。 “食後にゆったり”

R00120482

“『響12年』&ペリエ”の作り方サントリー公式サイトより引用)
  1. 香りがふわっと広がる口が大きなグラスに
  2. 氷を2〜3つ入れ、
  3. 常温の「響12年」を1に対し、
  4. 冷やしておいたペリエを3の割合で静かに注ぎ、
  5. マドラーで縦に1回だけ軽くステアして完成です。
(「響&ペリエ」の全量をグラスの半分程度に収めると香りがドラマティックに広がります。)

グラスに顔を近づけると、ふわりとした香りが弾ける炭酸で広がっていきます。 すっごい、いい香り!! 今まで試した飲み方の中で一番の香りです。 うん、流石、サントリーさんがお薦めな飲み方だけのことはあります。

甘く華やかな香りとスパイシーな後味の対比が素晴らしい。 とっても飲みやすいアレンジでした。 今回は食後に飲みましたが、軽い飲みくちなので食前に飲んでも良さそうです♪ もうひとつ、ブレンデド・ウイスキーに適しているという

ミストを試してみました。 普通の水割りより夏らしく、なおかつ『響12年』に合うのでは…?

“夏のふけゆく夜に” R00120502 ミスト(Mist)の作り方「ウイスキーのおいしい飲み方」より引用)
  1. ロックグラスにクラッシュドアイスをたっぷり入れます。
  2. ウイスキーを適量注ぎます。(30〜45ml)
  3. レモンピールを搾りかけ、グラスの中に落とします。
(しまった!切り子のグラスに入れたら、中身がよく見えない!(爆)でも涼しさは満点でしたよ。) 飲んでみると、これがまた…

これまでとは打って変わった すっきりと鮮烈な香り!! レモンの香りをまとった『響12年』のきりりとした表情が楽しめます。

予想以上の表情の変化に、私もびっくり! 辛口のお酒好きの方には、やはりこういう飲み方がいいかもしれません。   味のイメージはブルーの切り子のグラスととてもよく似合ってました(^-^;。 :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 飲み終わってみて…

「うすめすぎ!」 「混ざってないよ〜!」 「お!味は合うな!」 ……などと、旦那様とああだ、こうだと言いながら、 久しぶりに夫婦ふたりでお酒を楽しむことができました。

なかなか忙しい日常にかまけて、 じっくり会話を楽しむ暇もない私たち。 『響12年』のおかげでちょっといい時間が持てた気がします。

それに、ウイスキーというと冬の贈り物のイメージも強かったのですが… 夏には夏の楽しみ方があるなと実感。

大切な方とのひとときを『響12年』片手に過ごしてみるのもいいかも。

素敵に薫る時間の贈り物… うん、悪くない。

お求めは各有名デパートやスーパーで♪ (なんちゃって…。) サントリー響12年 (あ、うちの実家はお酒飲めないし、旦那の実家は糖尿病予備軍でお酒が贈れないんだった…(汗)。贈り先の方の健康状態にはお気をつけ下さい。)
posted by なごやん at 09:54| Comment(10) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

なんだかいろいろ大変です…PTA広報部。

今週はとってもバタバタ忙しかったです。

月曜に中日新聞講習会のレポートを総務に渡したけれど、 広報部全体へのフィードバックは不可と言われて、がっくし。 「そこまでメンバー全員に教える必要はない」らしい。

9月までのスケジュール表を作ったけれど、 それも配っちゃいけないらしい。 総務と学校側、業者とのやりとりの予定まで書いたのがいけなかった? 知らせたところでどうなるわけでもないし、その必要がないんだとか。 大まかなスケジュールは配ってあるし、 「どうせそんなの見ちゃいないだろうから…」 だそうで…。

総務部さんがそうおっしゃるには、 それなりの経緯がこれまであったのだろうけど… 私としては、限りなくブルー。[E:sad]

水曜にPTA広報部会と長女の授業参観と保護者懇談会。 広報部会は時間が足りない中、 なんとか案をまとめました。 (総務から「自分の意見を言ってはいけない」と言われているので、これもとってもストレスフル!まあ…議事進行してる部長があれこれ言ってはいけないのは、分かる。うん。)

…が!! 広報部会で決めた内容の一部が不十分だったので、 その日の午後には教頭先生から「練り直し」と差し戻し。

急遽、翌週に臨時広報部会を入れることに。 臨時広報部会と、さらにその次の定例広報部会の予定を連絡網でまわすのも、 なかなかこれだけでもひと仕事。 (水曜の夕方からまわして、最後の一人に連絡がついたのが木曜の夕方。)

保護者懇談会のあと、担任の先生にグチを聞いてもらいがてら、 どうしてうちの学校だけ、 「生徒の写真をPTA広報紙や校内のお知らせに載せるのに、他の学校に比べて極端に神経質なのか」 を訊いてみたところ…予感的中。

ここ数年の間に、 「どういう個人情報の扱いをしてるんだ!」 とクレーマーが怒鳴り込んできたことがあるらしい。 学校側としては、言われてしまうと無視するわけにはいかなかった…らしいのだが。 (単に対応の仕方を間違ったか、よっぽどタチの悪い相手だったか…。)

おかげで、子供達の活き活きとした表情をひとつも掲載できやしない! (というか学校側が超消極的。) 1枚くらいは載せれないことはないんだけど、 その都度、写った子供の保護者全員に許可を取り直しなので、とても大変。

本来、校内向けの印刷物なんだし、 個人情報や写真の扱いについて、 あらかじめ全校生徒の保護者から同意書を取ってるんだから、 問題ないはずなんですよね。

法律のこと、よく知りもしない相手に、 文句ばかり言われては、学校もたまったものではないでしょうが… 多分、学校側もよく分かってないから、はっきり言えないのでしょう。 (情けない話だ。)

ま、とにかく、 たった4ページの広報紙の裏側で、 これだけのドラマが繰り広げられているとは、 私も知りませんでした。

年度によっては、ワンマン部長さんが全部仕切って、 サクサクいく年もあるんだとか。 私は総務さんの意向を汲んで、 「みんなで作りましょう」というスタンスなんですが… …ワンマンの方がいっそ楽でよかったかも(苦笑)。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

…で、いろいろあった訳ですが、 それとは別に次女のお友達が遊びに来るから、 掃除もしなきゃいけなかったり…。

本当に心身ともに忙しかったです。

さすがの私も水曜の夕方にお腹が痛くなっちゃいました。 (心労…?)

今日も次女の授業参観&保護者懇談会。 もうひと頑張りしてきます。

posted by なごやん at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | PTA 広報部、総務部、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

今年の高島屋お中元プレゼントはフォションの保冷バッグ!限定数が減ってる!?

フォションのおまけバッグがお目当てで、ここ数年お中元もお歳暮も高島屋を利用することの多い私。

2010年度高島屋お中元、1万円以上お買い上げプレゼントは、 なんとフォションの保冷バッグ!!!

是非ともゲットしたいところなのですが、 今回は限定数が少なめ!

去年は限定1万名様だったのが、 今年は限定8千名様!!

ここんとこの不景気なせいか、だんだんプレゼントへのハードルが高くなってます。 昨年、1万名様限定の間は、もれなくプレゼントをゲットできていた私。 今年は少し急いだ方がいいんだろうか…(汗)。 ここ数日中に私も検討しなくては!
posted by なごやん at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

パソコンの不調判明!バッテリーって長持しないのね…。

6月に入ってから、激烈に調子の悪かったmyパソコン。 2年前に購入した整備済み新古品MacBook。 異様に発熱して、熱暴走に近い状態。 度々電源を切って冷まさねばならず、使い物になりませんでした。 クリックボタンもトラックパッドも動作不良。 ウイルスもチェックしたけどひとつもなし。

けれどもやっと、不調の原因が特定できました。 バッテリーの老朽化!

裏返して眺めてみたら… バッテリーの部分が膨らんで変形してました!!(驚)

異様な発熱はバッテリーのせい。 クリックボタンとトラックパッドはちょうど膨張したバッテリーの真裏にあたるので、正常に動作しなくなっていたのでした。

旦那にきいたところ、 「バッテリーの寿命なんて、せいぜい1年程度なんじゃない?」

え…。ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・; 早く言ってよ!!

2年も同じバッテリーのままだったじゃん!!

ここ半年くらい調子悪いのずっと我慢してたんだから!!(怒) (バッテリーの寿命って案外少なかったんですね。)

バッテリーを外して起動したところ、 すべての問題は解決しました。

修理に出さずに済んだのはよかったけど… ACアダプタオンリーで起動しているので、

めっちゃ危険!!(爆) (↑電源抜けたら終わり。) まめにシャットダウンしておかないとヤバいです。

早く新しいバッテリー(←ケチって非正規品)来ないかな…。 そういえば…もしかして、購入もありうるかと思って、 アップルストアをチェックしてたら… 学割って小学生の親の代理購入からOKなんですね! おまけにPTA役員も学割適応なんだそうです!! びっくり! 次の時のために覚えておこうと思いました。 (興味のある方はMac公式ショップApple Store内の学割ストアでご確認ください。) は〜…取り敢えずパソコン、ちゃんと動くようになってよかったです。
posted by なごやん at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

ひたすら衣替え〜お子さまは衣替えがお好き?〜

先週は冬布団の整理整頓、カバー類の洗濯に追われていましたが、 今週は衣替えに追われています。 今日も、午後からひたすら衣替えをしてました。 ええ…それはもう、もくもくとひたすらに(苦笑)。 春物だけじゃなく冬物の半分くらいそのままだったので、もう大変!

でも、今年は長女(小4)&次女(小2)が途中から手伝ってくれたので、 ちょっと助かっちゃいました♪

昔は衣替えといえば… 「あ、これ着る♪」 とか言って、季節はずれの今からしまう服を着て逃げ回ったり、

「これ捨てちゃヤダ!まだ着るもん!」 とか言って、小さくなった服を着て逃げ回ったり、

「わ〜い♪」 と服の山にダイブしてぐっちゃぐちゃにした挙げ句、逃げ去ったり、

(逃げてばっかだな!(爆))

……と、散らかる一方で大変でしたが、 ようやくそれらしく手伝えるようになってきました。 (ここまで長かった…orz。)

長女は言われた通りに服を仕分けたり、たたんだり…とってもお役立ち♪ 一方、次女の仕事は…主に「入るかどうか試着すること」&「袋のラベル書き」(※)! (ええ、まあ気分だけ参加ですわ…(^-^;。) メモに「秋ボトム」とか、「スパッツ」とか書くだけでもうれしいらしいです。 (出番が少ないので飽きっぽい次女にぴったり♪)

※我が家の場合、袋詰めにしてクローゼットの空きスペースに放り込んでいるので、中身がすぐわかるように中身を書いたメモを1枚目立つところに入れておくのです。

お手伝いしてもらったおかげで、今日の作業は順調に進みました。 女の子って洋服が好きだから、衣替えも好きなのかな? (自分が一人でやる頃にはすっかり面倒になってたりするけど(苦笑)。) 秋にもまた手伝ってほしいものです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. (そして、作業はまだまだ続く…) 子供の分は、あとはパジャマくらいだから、大体目処はついたけど…

コートやスーツ類の洗濯やドライがまだあるし、 自分の衣替えはまだだし、 毛布類も洗わないといけないし、 タオルケットとガーゼケットもそろそろお洗濯だし、 カーテンとラグも洗いたいし、

洗濯関係がやたら多いな(苦笑)。

あ、カビ取りと浴室乾燥機のフィルター掃除とかもしなきゃ。 加湿器もまだ収納前の徹底洗浄してないし…。 なんというか、季節の変わり目って忙しいですね。

衣替えでワードロープをチェックしたら、バーゲンチェックもしなきゃ♪

↓毎日がセールのアウトレットショップ、BRANDELI

posted by なごやん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

結論から書いてみよう!〜ブログに活かそう、新聞の技(その2)〜

え…と、5日間も更新をお休みしてしまいましたが、 先月参加した中日新聞の『PTA新聞・広報紙づくり講習会』から ブログ作りにも、PTA新聞作りにも役に立ちそうなことをピックアップしていくシリーズの2回目です。

新聞、広報紙と作文、小説などの普通の文章の大きな違い。 それは、文章の構成(順序)です。

日常、起承転結という形で文章を書くことが多い私たち。 ですが、新聞では、まず結論ありき! なのです(コラムや論説をのぞく)。

文章構成としては、 まず、結論(大事なこと)。 次に、いきさつ。 そして、補足。 …まあ、言われてみれば、新聞って、確かにこういうふうに書いてありますね。 (新聞でニュースを読んで、結果が最初に書いてなかったら、イライラします(笑)。) ところが、いざ、自分が書く方になってみると、 どうでしょう? ついついいつもの通り起承転結で書いてしまったり… ということも多いのではないでしょうか。   PTA新聞の場合、 行事や講習会の報告記事などは、新聞ルールに乗っ取って、 コンパクトに結論から入った方が良いようです。 ブログでは、商品レビューや映画の感想も結論を先に持ってきた方が すっきりと読ませやすいのではないかと思います。   一方、起承転結で書いた方がよい場合もあります。 書き手の意見をぶつけるタイプの「意見記事」や「コラム」は、最後に結論(オチ)を持ってきた方が良いでしょう。 ブログでも、内容が「日記」の場合は、表現形態自体が自由なので、結果から書こうが、事の始まりから書こうが自由です。 商品レビューや感想などでも、最後に「オチ」をもってきたい場合は、やはり結論は最後ということになるかもしれません。 要は使い分け…ということなのでしょう。 (まとめ) 内容や読み手のことも考えて、 文章構成にも変化をつけて、 使い分けよう!!   (え…できてるかなぁ、私(汗)。)

↓これ、買いました!結構分かりやすくて、よかったです。 特に、PTAの広報部会運営に関する配慮もなされているところがいいですね。

PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック―今日から役立つ入門書!ゼロから2カ月で発行できるノウハウ満載PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック―今日から役立つ入門書!ゼロから2カ月で発行できるノウハウ満載

著者:増田 ゆきみ 販売元:遊タイム出版 Amazon.co.jpで詳細を確認する

posted by なごやん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | PTA 広報部、総務部、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

長女、夏風邪でゆでだこ!

ここ2、3日、なんとなく、風邪気味かなぁ…という感じだった長女。 風邪そのものは、鼻風邪っぽかったので、毎日元気に(?)学校に行っていました。

ところが… 今日、学校から帰って来たら…

ゆでだこになってました。Σ( ̄ロ ̄lll)

なんかふらふら!? 上気して赤いのに、ヘンに顔色青いし、へろへろですよ?

熱中症か、脱水症状か!?

とりあえず、ぬるいアクエリアスを100mlずつ、15分おきに3回飲ませて、様子を見ました(急に冷たいのを飲むと吐くこともあるので)。 顔をさわったら、なんか熱い!!

水で腕と顔を洗わせて、服も楽で涼しいものに交換。 熱を計ったら、38.9度!?… あれ?38.6… ん?38.1度? 数分の間にみるみる下がっていく?? う〜ん…。 体調が悪かったことも重なったようですが、 どうやら体に熱がこもって、脱水症状をおこしていたみたいです。 水筒のお茶がまったく減ってなかったので、いろいろきいてみたところ… 原因はどうやら今日の長女の行動にあった模様。 朝、少し涼しいので、薄手のパーカを着ていっている長女。 学校に着いたら、すぐ脱げばいいものを… 今日1日ずっと着てたですと??? (小学校の校舎だと、今日の昼間は30度くらいあったと思うんですが…(滝汗)。) さすがに2時間目くらいから、気分が悪くなり、ふらふらしだしたそうです。 保健室にも行かず、お茶も飲まず、給食もご飯以外ほとんど手をつけず… やっと帰る前にパーカを脱いだのだとか。 ………。 保健室、行っとけばそんなにひどくなる前になんとかなったのに…。 夜には、無事37.1度になった長女。 ちゃんと次からは保健室行くんだぞ… というか、いくら朝涼しいといっても、 上着は学校行ったら脱いでくれ!!!  
posted by なごやん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

「標題」と「タイトル」は違う?〜ブログに活かそう、新聞の技(その1)〜

先週、参加した中日新聞の『PTA新聞・広報紙づくり講習会』。 その中から、ブログに活かせそうな内容をピックアップして紹介します。 (先週金曜に「明日書きます」といいながら、遅くなってすいません(汗)。)

テキストに載ってないけれど、 当日、もっとも講師の方(=中日新聞記者)の説明に熱が入っていたのが、 「タイトル」について。 なんでそんなに気合いの入った説明をするのかと思ったら、 どうやら、毎年中日新聞が開催している『PTA新聞・広報紙作品展』(実質、コンクールのようなもの)の審査において、 プロの目から見ると「なんじゃこりゃ。」というものが多数見受けられる… と、いうことらしい。

↑あ、もちろん記者の方はそんな風にはおっしゃった訳ではなく、 「タイトルがタイトルになってないものをよく見かけます。」 というふうに説明されてました。

つまり、 「タイトル」と「標題」は違う のだそうです。

よくPTA新聞でよく見かける 「第何回運動会」、「読書週間」、「何々セミナー」 などというタイトルは、タイトルにあらず。 ただの「標題」なのだそうです。

タイトルというからには、 読者の目を引きつけ、 興味を持ってもらい、 なおかつ記事内容が一言で表現されているようなものでなければならない。

タイトルで目をひき、 中見出しで補足をする。

まあ、常識といえば、常識といえなくもないことなのですが、 案外それができていないものが多いのだそうです。

テキストには練習問題として、 中日ドラゴンズのドーム観戦を婚活として利用し、14組の実績があがったという記事にタイトルと中見出しをつけるというものがありました。

当日、会場ではこれを時間をとって全員で取り組み、挙手して発表。 皆さん、説明を聞いた後だけに、いろいろ素晴らしいタイトルをつけていらっしゃいましたよ♪

ちなみに私のつけたタイトルは、 「婚活でホームラン!〜ドアラが取りもつ14組〜」。

ちゃっかり手を挙げて発表して、粗品を頂戴いたしました♪ (粗品は、手を挙げて発表した全員がもらえました。) というわけで、ブログをお持ちの皆さん、 いつもよりちょっとタイトルをひねってみるのもいいかもしれませんよ♪ アクセスアップにつながるかも! (私も気をつけよう…(苦笑)。)
 日本PTA全国協議会/全国小・中学校pta広報紙コンクール優秀広報紙集 第31回(2009) 日本PTA全国協議会/全国小・中学校pta広報紙コンクール優秀広報紙集 第31回(2009) 販売元:HMVジャパン HMVジャパンで詳細を確認する
PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック―今日から役立つ入門書!ゼロから2カ月で発行できるノウハウ満載PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック―今日から役立つ入門書!ゼロから2カ月で発行できるノウハウ満載

著者:増田 ゆきみ 販売元:遊タイム出版 Amazon.co.jpで詳細を確認する

posted by なごやん at 07:02| Comment(4) | TrackBack(0) | PTA 広報部、総務部、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする