2008年12月04日

家族4人でニンテンドーDS『歩いてわかる生活リズムDS』やりました!

ニンテンドーDS『歩いてわかる生活リズムDS』やりました!

それも、夫、私、娘二人(小2、年長)の家族4人で!(笑)

やり始めてから、もうすぐ3週間ですが、なかなか楽しいです。

CMは野際陽子さんがやってみえて、中高年向けので宣伝していますが、私はむしろキッズのいるファミリー向けだと思います。

Wiiの中のMiiをDSにダウンロードして、あらかじめ作った自分キャラで記録できるのですが、これが実に楽しい[E:heart04]

(DSだけでも似顔絵は作れます。)

歩いた歩数自体を比べて競争するだけでなく、歩いた歩数で一緒に自家発電してDS 内の自分のおうちを電飾でピカピカにしたり、世界中のあちこちに風物や乗り物など、それぞれの場所に縁のある絵が増えていったり…となかなか芸が細かい(笑)。

小さい子に世界地図を教える足しにもなる…かな?

時間がなくてDSが出来ない人でも大丈夫!

リズム計を万歩計として一日持ち歩いて、記録をピッと入力。あとは見るだけだから、せいぜい5〜10分もあれば十分。

Wi-Fi通信を使えば、さらに世界ランキングに登録したり、世界中の人たちと太陽系の惑星を目指して旅行できたり…。

ワンちゃんにも使える仕様になってるので、世界ランキングには人間に混じってワンちゃんが入ってくる事もしばしばです。

宇宙旅行は、現在世界中約17,000人の人と火星を目指しているところです。

残り約1,099億歩…まだまだ遠いけどなんだかロマンがあって、毎日少しずつ進むのがとっても楽しい♪

デフォルトの毎日の目標歩数は3,000歩なので、結構楽勝!

(目標歩数は減らす事も、増やす事もできます。)

昨日、初めて1日1万歩、歩くことができました!

やったー!!

体重も3週間で1kg減りました。

多分、ちょっぴり歩くのを意識しただけなので、まともにやれば、もっと効果あるかも。

いつもは見えない夫が、いつどうしているかが、なんとなくわかるのも魅力。

夫は昼間、オフィスワークをしている間は微動だにしていないことも判明!

どうりで太るわけだ。

夫は生活リズム計を持ってからは、一駅歩いている日が増えましたが…夕食後にお菓子食べてたら意味ないじゃんΣ(゚д゚;)

今年の年末年始は、レジャーに行かず、インドア派の人が急増の見込みというニュースがしきりですが、“歩くだけが楽しくなる”生活リズムDS…クリスマスプレゼントや正月対策になかなかよいかもしれません。

↓ポチッとしてね♪

人気ブログランキング参加中

【NDSソフト】 歩いてわかる 生活リズムDS

(税込4,999円)

「生活リズム計」単体

(税込1,799円)

トイザらス・ベビーザらス オンラインストアで今なら、クリスマスラッピング対応可!



posted by なごやん at 14:25| Comment(6) | TrackBack(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
ランドセルを探していてこちらにたどり着きました。
一番信頼できそうな方なので思い切って
思い切ってコメントさせていただきました。
来年1年生の男の子です。
山本鞄か中村鞄で迷っています。
見た目は山本で肩ベルトの形状や重量は中村
がいいかな??と思ってなかなかどちらかに
決められません。
お忙しいと思いますが是非!!
アドバイスをどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by えび at 2008年12月05日 08:04
えびさん、こんにちは!
訪問&コメントありがとうございます!

えびさんの息子さん、うちの次女と同学年なんですね♡
お互い来春が楽しみですね♪(それまで、ちょっとばたばたしますが…)。

まず、長女(小2)の時の経験からいって、これだけは言えるのですが、少々の重さの違いは気にしなくても大丈夫です!
肝心なのは背負い心地です。
背負い心地がよければ、重さの違いはほとんど問題になりません。

最近のランドセルはどれも昔よりずっと軽いので、重さの問題は無視してかまわないと思います。

後は…山本鞄の現物は見て確認したのですが、あいにく、中村鞄は現物を見る機会に恵まれなかったのでズバリとコメントできないのが残念です。
(えびさんも、現物が確認できるとよいのですが…。)

とにかく、さっそく中村鞄のサイトを確認してきました。静岡本社のニティランドセルの会社でよろしいでしょうか?
わかる範囲でコメントさせていただきます。

見た限りでは、中村鞄もなかなか良さそうです。
中村鞄は文部大臣賞受賞、山本鞄は品評会上位入賞常連で2007日本商工会議所会頭賞受賞と「匠の鞄」に選ばれています。
この辺の差も微妙です…が、主務官庁の大臣賞が1位に相当するので、山本鞄は大きな品評会でまだ1位をとってない…ということだと思います(ただ、産業に関することだと、文科省大臣賞ではなく、経産省大臣賞の方が多いようにも思いますが)。

山本鞄は、まだ少し縫製に荒さが見えるので、その辺が関係しているのでしょうか…。

価格も素材によって、山本鞄が安かったり、中村鞄が安かったり…。

素材にこだわるなら素材見本も必要だし…(見てみて、はじめて分かる事も多いですし、えびさんが素材見本をお持ちかどうかわかりませんし…。)

あまりのんびりしていると、お目当てが売り切れてしまうかもしれないし…。

そ・こ・で♪
参考までに、「私ならこうする」という作戦を書きます!

作戦1(素材見本がない場合)
それぞれに電話して、速達で素材見本を送ってもらうように頼んでみて、対応が良い方を検討する(感じの良い会社から買いたい!)。

作戦2
何の素材(馬か牛か人工皮革か)にするかをまず決めて、後は値段の安い方にする。

作戦3
やっぱり背負い心地は重要!!
背中のスポンジが新素材で、背かんの金具にも工夫の見られる中村鞄の背負い心地に懸けてみる!(山本鞄はスポンジは厚いのですが、ちょっとゴロつく感じだったので。)

こんな感じでどうでしょう。
あまりお役に立てずにすいません[E:sweat01]


良いランドセルに出会えるといいですね♪
Posted by なごやん(管理人) at 2008年12月05日 18:45
なごやんさん!早々のお返事誠にありがとうございます!!
さすが!大変為になるアドバイスです!
我が家は年長と年少の男の子2人です。
2歳違いで同じですね♪
転勤族で今は雪国に住んでいます。

ランドセル選び奥が深いですね。

素材の見本帳は山本はあります。
秋から冬は雪か雨ばかりなので
クラリーノがいいかなと思っております。
山本はクラリーノも牛も馬もとても良い感じだと思いました。
実は土屋も取り寄せたのですが
クラリーノが、なんかペラペラした感じが
したのです。
中村は1週間前に請求したところです。
でも請求方法はwebです。なるほど電話のほうが対応の良し悪しが分かりますね。

そうです。中村鞄はニティのです。
わざわざ調べて頂き本当に有難うございます。
中村鞄に関するクチコミはネットで
検索してもあまり出てこなくて。

山本は背負い心地が知りたかったので
ほんと回答が的を得ていてなごやんさんに
質問して良かったです。

なごやんさん、他におすすめランドセルが
ありましたら是非教えてください。
小さいお子さんがいてお忙しいとは思いますが何卒お願いいたします。
Posted by えび at 2008年12月06日 08:05
えびさん、大変申し訳ありませんが、コメントの内容から、関連記事の下にコメントをお引っ越しさせて頂きたいと思います。
(他の方の参考にもなりますし…)。

はじめのコメントからすべて11/6の「匠のかばん」の記事へお引っ越ししましたので、お返事はそちらの方に書きました。

よろしくお願いいたします。
Posted by なごやん(管理人) at 2008年12月06日 19:07
なごやんさん、こんにちは!
育みランドセルにかなり心が傾いてきました♪
また決まりましたらご連絡させて頂きます。
アドバイス大変参考になりました。
有難うございました!!
(すみません、11月6日の記事に
コメント何回かトライしましたが何故か
出来ずこちらへコメントさせていただきました。)
Posted by えび at 2008年12月07日 10:26
えびさん、こんにちは!

いたらないコメントですが、お役に立てれば、何よりです。

>コメント何回かトライしましたが何故か出来ずこちらへコメントさせていただきました。

コメント…なんででしょうね…。
大量にコピーして移し替えたのでスパム防止機能が働いたかも…すいません。
(でも、表示されたパスワードを入力すれば、いけるんですが…。)

育みランドセル、背負い心地は本当、ばっちりでしたよ!
体型の違う長女にも次女にもフィットしてたので、大丈夫だと思います。

うちは、最後まで迷ってたのが、「土屋」と「育み」だったのですが、“触り心地”にこだわる次女本人の希望で土屋に。でもイマイチ次女の体型にフィットしてなくて…。
長女の体型には合ってるのになぁ…いやはや難しい…。
ほんと、意外と奥が深いです。
また時々見に来てくださいね!
Posted by なごやん(管理人) at 2008年12月08日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。