2009年01月15日

Z会と進研ゼミとプラス講座、小学講座比較(きっかけ編)〜のんびり長女のイタイ冬〜

今年、新1年生になるお子さんをお持ちの方は、そろそろ春からの学習のことが気にかかってくる頃ではないだろうか。

今から書くことは、2年前、うちの長女が年長児(6歳)で、春の入学を控えた頃の話だ。

もし、何か参考にしてもらえることがあれば…と、思って書いてみた。

うちの場合、2年前、長女が年長の冬、この時期、無謀にも大した準備もせずに小学受験をして、いろんな意味で打ちのめされた。
受験に来るようなお子さんは、訓練だけの問題ではなく、ちゃんと身に付くべきことがしっかり身に付いている。しかも、普段どんなにやんちゃな子でも、やるべき時と事がちゃんと分かっていて、きちんと切り替えができるのだ。

それに引き換え、うちの子ときたら…、
言いつけが理解できないとか、注意事項をすぐ忘れるとか、行儀・立ち居振る舞いがなってないとか、元気なあいさつできないとか、着替え遅いとか、運動能力低いとか、積極性がないとか、行動に素早さがないとか、読んでる本のレべルが低いとか(そもそも本を読んでもらうのはいいが、読もうとしないとか)、問題の意味すらわからない理解力のなさとか…問題山積。

薄々わかっちゃいたけど、改めて白日の元に晒されると、ちょっと辛い(苦)。

ちょっと、マイペースな奴だと思ってはいたが、そんなに酷いのか?とがっくりすることしきり…(涙)。

まあ、受験がなければ、そこまで差があることを骨身に染みて実感せずに済んだのだが…。まあ…よく考えてみれば、いつも幼稚園のクラスで何をするのも一番最後の子なんて、そんなものかも(そんな長女でも、好きなことは、上手い。ダンスは上手いし、色塗りは大得意だ…ただし、時間は無制限だが(*^-^))。

もちろん、受験した学校は全部落ちた。当然だろう。
時間があればなんとかなった…とかそんな問題じゃなかったような気もする。

2歳違いの次女の世話にかまけて、長女に手がかけられなかったのもあるし、

本人の適性や性格の問題もあるだろう。

とにかく、公立の普通の小学校でさえ、ついて行けないのではないか…そんな不安でいっぱいだった。

こどもちゃれんじとプラス講座はずっと欠かさずやっていたので、たどたどしくひらがな・カタカナを読める程度にはなっていた。

こんなマイペースなうちの子でも、なんとか数と文字についてなんとか憶えさせてくれたこどもちゃれんじって実はエラい!のかも…(笑)

よく考えたら、マイペースなりにコツコツやり通した長女もエラい!

まあ、とにかく、なんとかせねば!

というわけで、Z会と進研ゼミ・チャレンジ1年生+オプションのプラス講座の3本を1、2ヶ月(のつもりだった)を試してみることにした。

なぜ、この3講座なのかは次の記事で。

↓ワンクリックで投票OK!書き続ける元気を下さい♪

人気ブログランキング参加中

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

チャレンジ1年生予約受付キャンペーン中 icon

iconicon

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

Benesse教育情報サイト_小学生のお子さまをお持ちのかたに,特別キャンペーン中!

posted by なごやん at 18:50| Comment(0) | Z会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]