2009年02月19日

Z会の小学1年生コースのスタートセット来ました!

実は、1週間以上前に、Z会新1年生用のスタートセットが届いていたのですが、
ブログにアップするのをすっかり忘れてましたm(_ _)m。
これが、Z会新1年生用のスタートセットです!

R0011303_2

まあ、2年前の長女の時と変わったのは、「はげましスタンプ」の仕様とファイルの厚みくらいでしょうか…。

昔の「はげましスタンプ」は、木製のゴム印でしたが、今回は樹脂製でインクが滲み込ませてあって押すだけのタイプです。

この手のスタンプは、チャレンジでも付いて来たことがあるのですが、如何せん不良品が多い!案の定、3個セットの内、ひとつだけがインクの出が悪かったので、今日夕方、サポートコールに電話したら、即翌日発送でもうひとつ送ってくれるとのこと。

電話対応も、いつも通りとても気持ちの良いものでした。Z会の電話対応の良さは「通販生活」と良い勝負だと思います。メールでの問い合わせにも、ちゃんと対応してくれますし…。

(この辺の対応がチャレンジと違うんだよなぁ…。チャレンジにも、問い合わせの電話を何度かしたことがあるのだけど、ひどいのなんのって…。去年、長女のプラス退会時に、「いつまでプラス会員専用画面が使えますか」と質問しただけなのに、十数分も電話口で待たされた挙げ句に「後日連絡いたします。」だもの。しかも、その返事は本当に数日後。おまけに、さんざん電話口で待たせた理由が「一度の電話で対応するように指導されてるので。」だって!電話対応の基礎すら出来とらん!!!どういう研修してるんだか![E:annoy]ちゃんと、改善して下さいよ!ベネッセさん!)

さて、肝心のスタートセットの中身ですが、

・諸々の書類や会員シール&添削送付用予備封筒3枚

 ・がんばったねファイル(クリアポケット40枚)

・おはじき

・かずのカード&使い方ガイド

・はげましスタンプ(「たいへんよくできました」、「よくできました」、「がんばりましょう」の3種)

一見地味に見えますが、これが案外使えるんです。

(長女も1年生からZ会やってたので。)

「がんばったねファイル」は、1年間の添削を入れておくのに最適なしっかりした樹脂製ファイルで、もし使わなくなった後も十分他の事に使えます(笑)。

スタンプは3種類あることで、どれが押されるのか、長女は小2の今でも楽しみにしてます♪

そして、この「おはじき」と「かずのカード」は使ってみてはじめて分かるスグレもの!!

「10に対する補数」のマスター(=いくつといくつで10になるかを即答できる)が入学前の必須事項であることは、実は長女の入学準備中に初めて知りました。

詳しく知りたい方は、ドラゴン桜のコラム(「親が手伝える勉強のポイント!!〜先生だけが知っていて親が知らないこと〜」レッスン13)など一読されると良いと思います。今後の学習のポイントが分かって良いですよ♪(私はシリーズ全部読みました!ネットってタダで調べられていいですよね。)

R0011304

さて、かずのカードに添付されている使い方説明書なのですが、お子さんのレベルに応じて初級〜上級まで記してあり、自然と最後は足し算・引き算まで出来るようになっています。

さて、長女の時どうだったかというと…

初級のあたりは、「な〜んだ、こんなの楽勝♪」と思っていたのに、始めは意外とモタモタ…(アレ?)。指で数えるにしても、めっちゃ遅!

各段階を即答レベルまで持っていかないといけないので、毎日、地道にゲームとして楽しく(ここが肝心!)取り組むハメになりました。

おかげさまで、1年生のスタートは非常にスムーズでしたよ♪

長女はどちらかというと何でもゆっくりで、出来ない方だったのに、1年生5月の家庭訪問では、

「学習面では非常によくお出来になります。まったく問題ありません。」

と先生からお言葉を頂けましたヽ(´▽`)/

「ただ、生活面は…とても、その、マイペース(=ゆっくり)でいらして…。」

(“あらら、こっちはそのままなのね…”でしたが(^-^;)

次女も、もう少し「数のトレーニング」をした方が良さそうなので、今回も役に立ちそうです。

↓ワンクリックで投票OK!1日1クリックよろしくお願いいたします!

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村

posted by なごやん at 18:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Z会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Z会の小1コースのスタートセットが届いたんですね。
次女ちゃん、4月号が届くのを楽しみにしていることでしょうね!

うちの長男にもドラゼミ3年生が届きました。
3年生の教材には、1.2年生の時にはなかった「理科」「社会」の要点をまとめたテキストがつきました。
特に「理科」のテキストはドラえもんのマンガつきで、かなり喜んでいます。(ホント、単純^^。)

長女ちゃんは4月からZ会受験コースなんですよね?
中学受験を視野にいれておられるのですか?

なごやんさんのブログにお邪魔するようになってから私もZ会にが気になり資料を請求してみました。
シンプルで要点がわかりやすい感じでいいですね。
それに4教科にきちんと対応しているところもいいですね。

実は私は今、主人の海外駐在に伴い、家族でアメリカに住んでいます。
こちらでは土曜日だけ日本語で国語・算数を教えてくれる学校があり通っているのですが、理科・社会はないんです。
ですから、帰国後のことを考えると、理科・社会をきちんと学べる教材であるかどうかは重要なポイントなんです。

でも、肝心な長男はチャレンジの賑やかな紙面に慣れている為か、シンプルなZ会にはいまいち興味を示さず…。
海外でのW受講は経済的にも楽ではないので、Z会1本でいけたらいいじゃない!と私は思ってしまうのですが、子どもにやる気がなければ意味がないので、今年もやっぱりチャレンジ&ドラゼミで行きます。

次男の入学のときにはZ会を積極的に検討しようかなと思っているのですが、チャレンジと比べて意外に量が少ないのかな?とも感じました。
実際やらせてみてどうですか?
Posted by 桜子 at 2009年02月19日 23:51
こんにちは。はじめまして。
Z会小学生コースで宣伝を担当しております対馬と申します。

このたびは、Z会小学生コースにご入会いただきまして、まことにありがとうございました。

Z会の教材はシンプルではありますが、
一歩お入りいただくと、出題の裏に隠された意図の
深さにお気づきいただけるものと思います。
保護者用指導書も合わせて、
存分にご活用ください。

また、このシンプルさが「学ぶ時は学ぶ、遊ぶ時は遊ぶ」というメリハリのきいたスケジュール設計にもお役に立てるのではと(個人的にですが)思っております。

Z会の学習についてご不明の点などありましたら、
ぜひまたZ会会員センターまでご連絡ください。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。
Posted by Z会小学生コース 対馬 at 2009年02月20日 11:53
桜子さん、こんにちは!

>うちの長男にもドラゼミ3年生が届きました。
うちもあれから、1、3年生用のドラゼミ、資料請求しました!
Z会同様、国語力の育成に力を入れているようで、なかなか良いですよね。
短い問題を数多くこなして、習得させるやり方は、やはり陰山先生が監修だからこそでしょうか。真面目で良い教材ですよね。
受験さえ意識しなければ、ドラゼミで充分という気がしました。

>中学受験を視野にいれておられるのですか?
一応、姉妹ともに中学受験は視野に入れています。校区の中学の高校進学実績があまりに悪いので…(市内でも最下位レベル)。

>帰国後のことを考えると、理科・社会をきちんと学べる教材であるかどうかは重要なポイントなんです。
4教科対応の方が、理科・社会の学習ペースはつかみやすいですよね…。
3、4年生向けの参考書をやりながら…という方法もありますが、面白味にかけるし…。
Z会の小3受験コースは、自分で実験しながら理解を深めるというものなので、良いかもしれません。ただし、実験材料やリトマス試験紙などの試薬は自分で調達するようになっていて、少々面倒な時もありますが。

>でも、肝心な長男はチャレンジの賑やかな紙面に慣れている為か、シンプルなZ会にはいまいち興味を示さず…。
Z会の良さは解いてみないと分からないので、本気で検討されるなら、お試し教材をひととおりすべてやってみると良いかもしれません。
(うちも、やってみるまでは、そんなに興味なかったです。やった後は「楽しい!やりたい!」と言ってましたが…。)

>チャレンジと比べて意外に量が少ないのかな?とも感じました。
実際やらせてみてどうですか?
2年生では、チャレンジよりZ会の方が、量は多いです。
確かに1年生のスタート時は、敷居を低くしてあるので、ちょっと分量少なめです。ただし、この少なさは、地頭養成のために「空いた時間は、思いっきり読書や外遊びにあてましょう!」ということらしいです。
正直、はじめは楽勝♪と思ってました(笑)。
ところが、1年生後半からだんだん内容が濃くなり、2年生には1ヶ月の回数も増え、難易度も上がりました。3年生で受験コースに接続することも視野に入っているので、手応えのある問題がさりげなく盛り込まれるようになり、作文1問の分量もかなりあります(ひとつでじっくり考えさせるスタイルですね)。
ドリルは復習しながら次へ進むので、どの辺が出来ていなかったかが、よく分かります。

チャンレンジとZ会、どちらの教材でも、演習量は多少不足するので、不得意分野や計算や漢字は他社のドリルなどで補う必要があると思います。
(長女も時々陰山ドリルをやってます。)

偶然、Z会スタッフの方からも、コメントが入っていますので(!)、参考になるかも!?

それでは、コメントありがとうございました!
Posted by なごやん(管理人) at 2009年02月21日 11:34
対馬さん、はじめまして。
こんにちは!
当ブログ管理人のなごやんです。
Z会の方からコメントいただくのはなんと2回目です!(12/10 コメント欄参照のこと)
以前、web統括の寺西さんにコメント頂戴しました。
コメントいただけて、本当にうれしいです。
(アクセス解析で、企業の方の訪問が分かっていても、コメントを残してくださる方は少ないので…。)

>一歩お入りいただくと、出題の裏に隠された意図の深さにお気づきいただけるものと思います。
確かに、長女と2年間取り組んでみて、やってはじめて狙いが分かるものもあり、なかなかよく考えられた教材で、楽しく考えさせるところは、他には見られない特徴だと思います。

>メリハリのきいたスケジュール設計にもお役に立てるのではと(個人的にですが)思っております。
長女の場合、メリハリが効きすぎて、月末にあわてることもしばしばですが…(汗)。

こちらこそ、今後共よろしくお願いいたします。
Posted by なごやん(管理人) at 2009年02月21日 14:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック