2009年04月22日

春の植物の観察時期なんだけど…

春もまっさかり…というわけで、この時期、例年なら、雑草や草むら、花壇に街路樹、近所の畑…いろんな所にあれこれ花が咲いては、見せに連れて行くのだが、
どうも最近タイミングが難しい。

どれも開花時期が短いのだ。
おまけに本来なら時期をずらして咲くはずの花達が、み〜んないっせいに咲いて、あっという間に散ってしまう。
タンポポ、パンジー、シロツメクサ以外は、本当にあっという間。
菜の花、スミレと沈丁花(ジンチョウゲ)は、もう終わったし、
ユキヤナギも終わり近い。
カラスノエンドウ、ハルジョオン、ぺんぺん草(笑)はおとといが盛りだったので、明日はもう残り少ないかも。
イヌノフグリとツユクサは、数が少ない上に、タイミングも難しい。
近所の畑(何か市の事業でやってるらしい)に、ネギ坊主とエンドウの花が咲いてたけれど、それもおとといが見頃だったし…。
サツキと花菖蒲も、もう咲いてる。
あれ?今年はチューリップもう咲いたっけ?(そういえば、見たっけ…。)

おや?うぐいすって今年来なかった?
(私も今年は忙しくて、見逃しているものがありそう…。(汗))

野の花は夕方閉じてしまうものも多いし…。
3年生になってから下校時間が遅い日が多くなったので、なかなか習い事や宿題で見せに連れて行ってやれない…。
長女に、もっといろんな植物の名前や姿を覚えて欲しいのに〜!
特にうちの近所では、マメ科の花は今しかあまり見れないのに〜!
もっと早く宿題しろ〜!(最近午後6時すぎまでやらない長女。)

↓ワンクリックで投票OK!よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
TREview

↓ の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓ハンディサイズで、野外活動に便利…というか、ここに載ってる程度のものは、親として知っておきたいものばかりです。実は、読むだけでも、楽しい♪

日本の生きもの図鑑 日本の生きもの図鑑

著者:石戸 忠,今泉 忠明
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

posted by なごやん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック