2009年07月02日

日食、簡単観察法〜プリペイド・カード編〜

先月、6/23フジテレビの『とくダネ!』で紹介されていた手作り簡易観察キットの方がイマイチだったので、同じく『とくダネ!』で紹介されていた、プリペイド・カードの利用済みパンチ穴を使う方法も試してみました♪

《用意する物》 ・使用済みでパンチ穴の開いているプリペイド・カード (図書カード、クオカード、テレカなど) ・無地の紙切れ(15 〜18cm四方くらい)

《観察方法》 またしても、針穴写真機の原理で、パンチ穴を通った光線が、うまく紙の上に像を結ぶように調節する。 くっきり太陽の形になったら後はその小さな像が欠けていくのを観察します。 (くれぐれも太陽の方を見ないこと。)

R0011425 …で、これが実際に太陽光線を通した所です。

え?単なる影じゃないのかって!? ふふふ…私もちょっと疑いましたよ! そこで、蛍光灯のスタンド(光源が棒状)で同様の実験をしてみました。 なんと! ちゃ〜んと穴を通って紙に写った像が長方形になったんです!(笑) しかもスタンドの光を半分遮ると、今度はちゃんと像も半分に! 本当、これは簡単! 意外と使える方法でした♪ (案外、一番お勧めの方法かも。) ただし、針穴写真機と同様に、得られる像は上下左右が反対のはずなので、日食の向きが逆から始まる…という感じにはなると思います。 正位置での観察をしたい場合は、当ブログ6/28の記事で紹介した手作り簡易観察装置、又は通常の日食グラスが必要かと思われます。
posted by なごやん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観察(日食、月食) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック