2009年10月20日

次女の新型インフルエンザ経過報告(その3)。高熱の次は、咳!

新型インフルエンザのせいで、高熱で苦しんだものの、やっと37度台まで熱が下がってきた次女(小1)。今度は咳と脱水症状の名残に悩まされております。

ほんと、いや〜な感じの“シャンシャン”という音が混じった咳で、相当な痰も絡んでいるようなのですが、さっぱり出て来ません。 まだ、あまり食べられないので、アクエリアスもこまめに飲み続けないと、あっという間に唇が紫色や土気色になってパリパリになり、咳も余計にひどくなる…という始末。 冷たいものを飲むとさらに咳が出るので、アクエリアスもレンジで人肌程度に温めて飲ませています。

それでも…薬を飲んでも、水分補給しても、咳がひどいので、とうとう苦肉の策を次女に施すことにいたしました。 That'sオバサン首巻きタオル作戦!! (゚∇゚|||)

農家の作業中スタイルや園芸スタイルによくみられる、襟元にタオルを巻き付けるというあのスタイル!!(後ろ首にタオルを掛け、胸側の襟元へタオルの端を突っ込むという感じ。) 首の後ろや首周り、さらには気管支周辺が暖められて、咳が出にくくなるのです。寝汗も吸い取って、冷えも防ぐので一石二鳥!! なりふりかまっていられない場合の最後の手段です(苦笑)。 でも、気管支の弱い私がずっとやってきた方法なので、意外と効果的ですよ♪ 夜も昼もずっと首周りを暖め続けることで、胸が少しは楽になる…かも。 (ただし、高熱がある間は、熱がこもるので、ダメですよ!)

もうひとつ困ったのが、寝言。 脳症になる程の尋常ではない寝言…ではないのですが、インフルエンザという病気の特性なのか、寝言は多いです。 それも、高熱の間だけではなく、解熱してからも。 やはり、解熱してからも目が離せないのが、インフルエンザという病気なのでしょうね。

ちなみに昨日、小児科を受診してきましたが、4日分の風邪薬と抗生物質(効くのだろうか…?)が処方されて、木曜か金曜に再受診となりました。 この分だと今週末までは欠席っぽいです。

まだ先は長そうです…。 気力で頑張るぞ!


posted by なごやん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。