2013年03月12日

中学受験はできなかったけど…

3月も半ばとなり、
小学6年生は卒業を待つばかりとなりました。
中学受験された皆様も、悲喜こもごも…結果が出そろった頃と存じます。

我が家の場合は…
長女は、結局中学受験をせず、
そのまま地元の公立中学へ進学することになりました。

中学受験をやめさせる決心がついたのは、
長女を2月から3か月程、浜学園の名古屋校に通わせてみて、
どうにもモノになりそうにないと私自身、匙を投げるしかなかったから。

長女本人も、私立のきれいな学校にはあこがれるけど、
勉強は嫌いという自覚だけはできてしまったから。

本人にやる気も能力もないのだから、
これ以上は無理
と判断せざるを得なかったのです。

まあ…3年生から6年生になるまで、受験勉強らしいことはほとんどできなかったし、
無理もないです。
長女には荷が重かったということでしょう。

問題は…じゃあ、高校受験だね、となった途端、
さらに学習意欲が低下して、
学校の勉強についていくのさえやっとになってしまったということ。

これについては、春休み中にみっちり傍について、
しっかり面倒みるしかないかも。
早急になんとかしなくてはいけなさそうです。

2年生までは、つきっきりで勉強をみて、
かなり成績もよかった長女ですが、
自立して、自学自習させようと、
手を離した…というか目を離したのが早過ぎたのか…?

今となっては、仕切り直しの気持ちで
しっかりついていてやるしかないでしょう…。
学年が上がったからといって、
どの子もすんなり一人立ちできるというものではなく、
その子その子に応じた自立の段階があるのかもしれません。
うちの長女の場合、何かにつけて子どもっぽく、
計画的、論理的に考えるのが大の苦手。

某塾の保護者向け講習会では、
中学受験ができるお子さんは精神年齢が比較的高いか、
受験までのどこかのタイミングで
精神年齢がぐっと上がるお子さん
だという話をしていました。

うちの長女、まったく精神年齢上がってません…orz。

うちの場合、一人立ちできるのはまだだいぶ先のようです。
とはいえ…
あと2〜3年も経てば、少しは変わって来るでしょう。

なんてったって、今度は中学生ですもん♪

中学受験できなくても、次は高校受験だってあります。
高校受験がダメでも、なにか他の道が開けるのかも。
道はひとつではないのですもの。

がんばれ〜〜長女!
posted by なごやん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック