2015年02月16日

中学の職業体験、その後。

先月末、長女の通う公立中学の職業体験が2日間ありました。

うちの長女のグループが体験先に事前あいさつに行ったら、
唯一、わかってる店長が不在で、
あとの店員やバイトは誰も職業体験があることを知らなかった…
という例の事業所。

その後はどうなったでしょうか…?

結果…

もう、本当に大変、お世話になりました!!!!

びっくりドンキー様、
色々、段取りしていただいて、
しっかり体験させていただき、
ありがとうございました!!

2日間、どんな様子だったかというと…

1日目の朝、入店の仕方がわからず、
ちょっとモタモタしたようですが
(事前あいさつでの指示がわかりにくかったようです)、
男子は厨房、女子はホールで、開店準備から15時までしっかり体験させていただいたようです。

うちの長女は女子なので学校のジャージ姿のまま(苦笑)、ホール担当。
開店準備では、生まれて初めて業務用掃除機でフロアを掃除し、
ノロウイルス対策でテーブルや箸入れを消毒拭き掃除し、
紙ナプキンを補充。
結果、汗かきの長女は汗だくになったそうです。

開店前にこんな重労働があるとは、
長女はまったく想像したこともなかったわけで、
良い経験になったようです。

その後はお冷の補充、紙ナプキンの補充。
お客様の食べ終わった食器を下げ、残飯の処理。
厨房で洗浄後の箸をタオルの上で転がして拭いたり、
時間いっぱいお仕事をいただけたようです。

一方、男子は厨房で調理の補助。
長女は調理は見ただけですが、
冷凍のものが思った以上に多くて、びっくりしたそうです。
(まあ、今の外食なんてそんなもんでしょう。)

お昼のピークを過ぎたあとは、
男子と合流して、自分で持ってきたお弁当をそれぞれ食べ…
なんと、そのあと、1日目は店長、2日目は副店長が自腹でデザートをおごってくださったそうです。
(自腹かどうかは、2日目の副店長とほかの店員の「店長、昨日どうしてた?」みたいな会話から判明した模様。)
本当に申し訳ない…。ありがとうございました。
中学生たちもその場で、きちんとお礼が言えたようです。
(中学生らしく、無邪気に喜んでたようです。)

二日間、しっかり働かせていただいて、
お土産に割引券までいただいて帰ってきました。

後日、家族4人で
ありがたく食べに伺う予定です。

長女にとっては初めての体験だらけで、
働くということが、案外大変だということも分かって、
良い経験になったと思います。

ネットでちょっと調べた感じでは、
びっくりドンキーさんは広くたくさんの店舗で
職業体験受け入れをしているようです。
受け入れ状況は、店舗により多少の差はあるでしょうが、
ありがたいことです。
(でも、一部店舗のサイトに本名入りで中学生の写真を出してたので、
あれはやめた方がいいですね。)

その他の事業所に行った子達はどうだったかというと…
幼稚園や保育園、外食、スーパー系は
色々忙しく体験させていただいたようです。
ただ…トヨタのディーラーだけは…
暇でしょうがなかったとか…。
まあ、平日のディーラーで中学生にできることというと、
限られすぎてますものね…。
風船ふくらませたり、ちょっと掃除したり、
書類のお手伝いの真似事をした程度で仕事がなくなってしまい…
「自由の飲んでいいよ」と言われた冷蔵庫のジュースを何回もおかわりしているうちに
時間が来たようです。
…まあ、これは仕方ないですね。

職業体験にご協力いただいた事業所のみなさま、
不束な中学生たちを受け入れて下さって、
本当にありがとうございます。

これにこりずに、来年もまた職業体験、
引き受けてやっていただけると
うれしいです。




posted by なごやん at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。