2010年10月26日

超訳百人一首『うた恋い。』で和歌のノリをつかめ!

そろそろ長女(小4)&次女(小2)に百人一首に親しんでほしいと思って、 ちびまる子ちゃんの百人一首の本なんかも買ってみたのだけれど、 さっぱり食いついてくれない。 ↓これ。ただ今本棚で絶賛昼寝中…。

ちびまる子ちゃんの暗誦百人一首ちびまる子ちゃんの暗誦百人一首

販売元:楽天ブックス 楽天市場で詳細を確認する

まず、平安時代に馴染んでもらうにしても、『あさきゆめみし』では、中学年、低学年にはちょっとディープかなぁ…という気もしなくもない。
あさきゆめみし(全7巻)あさきゆめみし(全7巻)

販売元:楽天ブックス 楽天市場で詳細を確認する

ほかにもっといいのがないか探していたところ、近所のツタヤでばったりこんな本に出会ってしまった!
超訳百人一首 うた恋い。Book超訳百人一首 うた恋い。

著者:杉田 圭 販売元:メディアファクトリー Amazon.co.jpで詳細を確認する

なにこれ。めっちゃ、おもろいやん!!(←関西弁でよろしく。) なになに… 2010年8月初版なのに、10月現在ですでに5版って、 超ヒット本ちゃう!? 和歌を扱ったものにしては、異様に読みやすいし…、 ん〜、確かにこれは受験生必読かも。 巻末に百首の超訳が載っていて、それだけでも充分読み応えがあるのだけれど、 なんといっても、本編のマンガが面白い。 藤原高子と在原業平のくだりとか(『伊勢物語』だっけ…?)、 藤原道隆と義孝の肝試しのエピソードは、 昔、古文の問題文で出会った部分じゃないか!! 紫式部の話では、彼女が藤原香子であったとする説をとってるみたい。 どのエピソードもそれなりに史実や史料を押さえたと思しいとこもいい。 その上でキャラがしっかり立っていて、感情移入しやすく読みやすい話に仕立ててあるから、とてもとっつきやすい。 私の一番のお気に入りは、巻末の藤原定家と式子内親王のせつない恋[E:shine]。 次女(小2)は何度も読み返してるけど、どれが好きかはまだ聞いてないなぁ…。 今度、訊いてみよ。 長女(小4)もなんとなくは読んだみたいだし… しめしめ。 (読んだだけでもすごいのよ!) 和歌の世界って、なんとなくとっつきにくいイメージがあるけれど、 この本で和歌のノリに少しは共感できるようになってくれた…かな? とにかくこの『うた恋い。』、 古典嫌いの中高生にも、古典を学ぶ前の小学生にも是非読んで欲しい本です。 (こういう“当たり”の本は、久々かも…。)


posted by なごやん at 10:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

自由研究、一日で終わらせるには!?『小学生のキッチンでかんたん実験60』感想

8月も終わりが見えてきてしまいました! みなさん、お子さんの宿題の進み具合はいかがですか? うちは… 長女(小4)は自由研究と読書感想文。 次女(小2)は読書感想文と音読だけ。

めんどくさいのばっかりやん!!(爆)

このほかにも、ためてしまっているチャレンジやら、 同じくたまりにたまったZ会を猛スピードで復習中だったりします。

そんな中、 長女がひとこと… 「来年は一日で終わる自由研究にする!!」 な…なんじゃそりゃ! 鬼が笑うにも早過ぎやしないか!?(苦笑)

実は長女の自由研究は『猛暑に関する新聞のスクラップ』。 毎日、中日新聞の朝・夕刊、朝日子供新聞の3誌をチェックして、猛暑に少しでも関連のある記事を拾うというもの。

これが…結構面倒くさい。 早々に怠けた長女にかわって、切り抜くのはほとんど私の仕事…って、 おい!誰の宿題やねん!!(怒) (手伝ってはいけなかったかも…。)

ほとんど貼って、読むだけが長女の仕事なのですが、 それでも「面倒くさい」のだとか。

で、来年は一日で終わる自由研究にしたいのだとか。 ま…そういうネタもちゃんと用意はしてあるんですけどね。 ↓今や次女の愛読書になってるこの本。
小学生のキッチンでかんたん実験60―親子で楽しく遊びながら、学べる!Book小学生のキッチンでかんたん実験60―親子で楽しく遊びながら、学べる!

販売元:学習研究社 Amazon.co.jpで詳細を確認する

短いものでは、キッチンで3分でできる実験から載っていて、 実に楽しい。 写真もとても見やすく、実験も簡単。 大半の道具と材料はキッチンにあるものか、すぐにスーパーで買えるようなものばかり。

実験した後、そのまま食べられる実験も多いのがうれしいところ。 (食べられないものもあります。) 食パンひとつとっても、
  • アルミホイルを食パンにのせてやくと、どうなる?
  • おして、もようを作った食パンとやくと、どうなる?
  • 食パンに水で文字をかいてやくと、どうなる?
  • 食パンにレモンのしるで絵をかいてやくと、どうなる?
  • グレープフルーツのしるで絵をかいてやくと、どうなる?

これだけの実験が写真つきで掲載されてたりします。 ひとつの調味料や食品につき、4〜5種類の実験が載っているので、そのまままとめるだけで、自由研究ができあがっちゃいます。

何より、見ているだけでも結構楽しいので、理科への興味が自然とわいてくるところもいい♪ 次女なんてまだひとつも実験してないのに、 暇な時に何度も繰り返し眺めていて、 今やすっかりお気に入り本のひとつ。 (「あ、これ食べたい!」…とか、しきりにつぶやいてる次女。ちょっと方向がズレてるかも!?) 低学年からでも保護者の方といっしょに気軽に取り組めて、 高学年は理論もちょっと考えながら実験できて、中学や高校の理科分野にもつながっていくという… 実に良く出来た本だなぁ…と。 さすが、学研(!)というところでしょうか。 この本、シリーズもののようで、ほかにもおやつや100円ショップ版もあるようです。
小学生のキッチンでおやつマジック小学生のキッチンでおやつマジック

販売元:楽天ブックス 楽天市場で詳細を確認する

小学生の100円ショップ大実験小学生の100円ショップ大実験

販売元:楽天ブックス 楽天市場で詳細を確認する

posted by なごやん at 17:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

四谷大塚の全国統一小学生テスト、受けようか迷ってます。

最近、さかんにスポットCMが流れてる四谷大塚の『全国統一小学生テスト』。 無料だし、受験者数も多いだろうから、一度うけてみるかどうか…

検討中です。

調べてみたら、うちの場合は会場もめっちゃ近い! 近所の明倫ゼミナールなら、電車にも乗らずに受験できそうです。

受験者数、いったいどれだけの人数なんでしょう…。 まあ、受ければおのずと分かるか…。

でも、大丈夫かなあ… マークシートだし! ちなみに次女(小2)が小1の終わりに、進研ゼミの「力だめしテスト」(年3回)のマークシートを自分で勝手に塗ってしまったのだけど… (マークシートは保護者が塗ることになっている。) 解くのに10分、 塗るのに1時間!(爆) …て感じでした。 長女(小4)なんて、塗った事すらない。 大丈夫か!? (いや、多分大丈夫じゃない。) なんか、すごくボロボロになりそうな予感大。 ……面白いから受けさせてみるか!(←オニ) 追記(5/13):小2のみ記述式だそうです(よかった…)。  
posted by なごやん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

プレ百ます、4日目。記録更新中♪

姉妹で始めた『プレ百ます計算』。 今日で4日目ですが、今のところ好調です♪ (まあ、最初の1週間は「繰り上がりなしの1桁足し算」ですから、これぐらいはねぇ…。)

タイムの記録はこんな感じです。

         1日目      4日目 長女(小4)…  52秒(ミス2)→ 31秒(ミス0) 次女(小2)…1分16秒(ミス0)→ 48秒(ミス0)

ついでに自分まで計算早くなりそう…(^-^;。 (丸付けで計算の答えを暗算しながら一気に言うので…。)

一人だとダレやすかった長女も、次女といっしょだと少し張り合いがあっていいみたい。 親子でするのもいいかもしれませんねぇ。

とりあえず、今日は百ます報告でした♪ ↓4/19(月)まで、セブンネットは「書籍購入でnanacoポイント3倍」キャンペーン中♪  

陰山メソッド 徹底反復 プレ百ます計算(税込525円)

posted by なごやん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

姉妹で『プレ百ます計算』スタート!

長女(小4)の初めての浜学園『公開テスト』がどうやらさっぱりな点数らしい。 (つくづく勉強が足りないって、分かってもらえたかしら???) まあ、本人もちょっとだけ(?)懲りたところで、地道な教材に取り組んでもらうことに。

そう…1年くらいやってなかった百ます。 昨日、復活させました。

それも、次女といっしょに『プレ百ます』からやり直してもらうことに。

陰山メソッド 徹底反復 プレ百ます計算(税込525円)

これなら競争原理も働くので、二人とも飽きなくてすみそう(笑)。 昨日、第一回対戦は1ページ目の一桁の繰り上がらない普通の計算36問。 (マス目になってないもの。) 長女(小4) 52秒   ミス2問 次女(小2) 1分16秒 ノーミス 長女、姉の沽券にかけて必死に取り組んだおかげでなんとか首位をキープ!!(爆)(←いつもはダラダラモード。) 次女は初回ということで、縦に解けば楽勝のところを、おもむろに横に解いてました(途中で「縦が楽」だと教えてあげました)。 せっかくタイムでは差をつけたのに、超簡単な計算でミスってしまって完全勝利になれなかった長女。さすがにちょっと悔しい? 今日はノーミス目指して頑張るのだそうです。 次女はもちろん、充分追い上げ可能な域にいるという自負があるらしく、今日もノーミスでタイムをあげるよう頑張るのだとか。 いいねぇ、競える相手がいるって。 (…というか、思うツボ?)( ̄ー ̄)ニヤリ

posted by なごやん at 04:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

長女、初めての浜学園公開テストは…?

昨日、長女(小4)は生まれて初めて浜学園の公開テストを受けました。 結果は…悲惨…かもしんない!?

慣れていないにも程があるというか、 まず、自分の答えが問題用紙に書いてない!!(爆) (浜学園は4年生から問題用紙と回答用紙が別々なので、答えを問題用紙に大体メモっておけば、点数がすぐわかる。) 算数の問題用紙がメモひとつなく…真っ白! (あ、ありえん…orz。) 計算用紙もほんとにぐちゃぐちゃな計算だけで、図も表も書いてやしない。 どの程度できたかさっぱり分からん! (というかあかんでしょ、これ。)

しかも、公開テスト直後の算数解説をきいてみた限り… 見事にすべての引っかけ問題に引っかかったらしい。

そもそも最後まで問題が解けず、3科目とも時間切れだったし…。

まあ、ちょっとはこれで自分の実力が分かったかしらん!? (ちょっとはマジメに勉強しろよ!) 周りの塾生や外部生がみんな時間通りにさっさと解き終わっている様子なのは、さすがに本人も分かってたみたいです。

…いろんな意味で採点が返ってくるのが楽しみです(汗)。

問題そのものは、ざっと目を通しましたが、 4月ということで小3の応用問題のおさらいという感じでした。

Z会の小3受験コースでもひととおり見たような問題ばかり。 なのに時間通りに解けないのは… 日頃、のんびりやってるせいでしょうね。 困ったもんだ。

やはりスピードを身につけるために、3学期くらいからは塾に行かせないとだめかもしれません。 とりあえず公開テストは毎月受けさせようかな。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. ちなみに、今日の長女。

宿題なかったそうで… 遊んでました、楽しそうに。 (…って、おいおい!!)

 
posted by なごやん at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

『宮本算数教室の教材 賢くなる算数』の資料来ました!

先日、『宮本算数教室の教材 賢くなる算数』(学研)の資料請求をして、1週間くらいで届いたのですが、記事にアップするのをすっかり忘れてました…(汗)。 ひととおり目を通したのですが… この宮本算数教室の教材 賢くなる算数…また、なんというか異色な教材でした。 ん〜教材としては、確かに異色。 でも、中学受験演習用として、本番が意識できるような極端に無駄を省いた、なんというか“引き締まった教材”…とでも言いましょうか…。 まず、届いたのは、こんな資料。

R0011621 基礎コース(2010年2月開講)と応用コース(2011年2月開講)の見本、各1部。

後は、開講月の注意を促すチラシ1枚と、パンフ1冊。 超シンプル! 中身は実はもっとシンプルだったりします。   基礎コースの見本を見てみましょう。 まず、テーマ毎のポイント解説。

R0011622 1回分に、これ1ページだけ。

本当に法則や定理ぐらいしか書いてないのですが、デキる子にはこれで充分なのかもしれません。 まあ、「見たら分かる」というシンプルさは、受験直前期のおさらいの時にも便利かも。 でも、算数が苦手な子には…ちょっと無理そうですね。 個人的には、この潔さは好きですが、小4の自分にこれが理解できたかどうかというと、果たして…??? 次に、「授業ノート」という基礎演習部分。

R0011623 見づらいですが、左上に問題が2行とタイムを書く欄、目安の時間が書かれています。

後は、見ての通りの広大な白紙スペース!! どうやらここに考え方やら式や答えを書く…ということらしいです。 もう、目が点…。 ちなみにこのページの問題は、 「AとBの和は20、差は6です。AのほうがBのほうより大きいとき、A、Bはそれぞれいくつですか。」 ふふ…みなさん、さっと解けましたか? ちなみに私は慣れ親しんだ問題だったので20秒程で解けました(え?遅い?…はは(汗))。

進研ゼミ『プラス講座』 iconZ会 の受験コースなんかでもよく見かけるような問題です。

長女(小3)は…15分近くかかってなんとかクリア(しかも私の手助け付き)。 ちなみにこの問題の目標時間は5分以内だそうです。 ざっと簡単に解答を説明すると、差が6ということは、AとBの和の1/2にそれぞれ+3すればA、−3すればBが求められます。 でも、大人はこれで理解できても、子供に説明するとなると、なかなか手間ですよね。順を追って説明しないといけないし。 そこで、次に解答解説ページ。

R0011624 これだけは、もの凄く感心しました。

たった1問の解説に丸々見開き2ページ!! 驚きです!こんな解答ページ見た事ない!! かなり説明も分かりやすく丁寧。 しかも、この問題の場合だと、解法が2パターン載っています。 ほかの問題でも、なるべく複数の解き方を掲載しているとのことです。 複数の解き方をするというのは、理系の考え方の定石ともいえると思いますが、多角的に検証するというのは、文系にも必要な考え方だったりもします。 (多角的に考えて、道筋がひとつでないことも教えているってすごい教材!!) ん〜、この解説はかなり価値ありですね。 問題も典型的な問題がきちんと集められているようですし、 これなら、直前のおさらい期にさらっと読んで見直すだけでも、力になるのではないでしょうか。 「授業ノート」の後は、「お楽しみテスト」があって、これが演習問題に相当し、ある程度の問題数はここでこなすように出来ています。 名前は「お楽しみ」ですが、見た目ちっとも楽しそうじゃないんですが…(苦笑)。 …でも、算数好きな子なら、歯ごたえがあって面白い…のかもしれません。 ちなみに私は、算数が大の苦手!! (小学校では「得意」だと思ってたのが、小5で塾へ行って「不得意」だと思い知りました…とほほ。) 2011年開講の応用編のテキストも見てみましたが、あまりにも受験問題そのものだったので、思わずすぐに閉じてしまいました!!(汗) 『宮本算数教室の教材 賢くなる算数』…おそるべし。 現小3のうちの長女は思いっきり対象年齢ですが…、 これは“パス”ということで珍しく親子の意見が一致しました♪ (うちの長女も算数は苦手…(苦笑)。) しかし、基礎力錬成済みで先取り順調、算数好きなデキるお子さん(なおかつ難関校志望の方)には、お勧めです。小4〜小5の2年間でこのテキストをやりきる実力があれば、算数に関しては、ほぼ心配なしではないでしょうか。6年生に、算数が1年間復習と演習のみでいいというのはかなり気が楽。余力をほかの教科の完成にあてることもできますし…。 問題は小4スタートだと少し手強いかも…ということ。例え問題に手こずっていても、教えてはいけない…というのが宮本先生の基本スタンス。どうしてもできなければ、一旦解答を自分で熟読して理解し、半年〜1年、時間を空けて復習する必要もあるかもしれません(時間が経てば、成長した分、理解が早まるので)。小5スタートだと、小4より理解は早く進むでしょうが、ほかの科目や塾、教材との兼ね合いで結構大変かもしれません。 使い方としては、今現在やっている学習にこの教材をプラスすることになるでしょうから、要領よくスケジュール管理をする必要があると思います(算数1教科しかない上、基礎演習、計算練習は実質このテキストには載ってないので、別途、自分でしなければなりません)。 まあ…難関校を目指すなら、要領よくその程度のスケジュール管理はできないとダメってことですよね。 (自分が小学校の時も、中学受験をしていた子で成績のいい子程、忙しいはずなのになんだか余裕がありましたもの…。)

基礎コースの対象学年は新小4と新小5!! 2月スタートなので、検討中の方はお早めに♪

↓冬休みスタートに間に合う締め切りは12/19!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

↓幼児コースも2010年4月開講!

posted by なごやん at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

『宮本算数教室の教材 賢くなる算数』が学研から通販限定発売だそうだけど…。

名前だけは聞いたことある宮本算数教室。 中学受験の算数に特化していて、ものすごく難関校に強いのだとか…。

あれこれ教えることはせず、徹底して考えさせ、授業のペースは一番早くできた人のペースに合わせる独特なスタイル。 少人数制なので、キャンセル待ちが膨大な人数になっているそうです。 算数だけどか、国語だけとか…確かにその科目を強みに変えるためには、そういうものが必要な場合もあるかもしれないけれど、通わせる親としては、大変だろうなと思います。 さて、そんな曰く付きの宮本算数教室の教材 賢くなる算数が学研の通販限定で発売になります。 基礎コースが2010年2月スタート。 (応用は2011年2月から。) 対象は小学4年生または5年生(来年の学年)。 毎月届く通信教育スタイルで、年間購読の場合、税込59,940円(月払いは税込5,550円)。 サイトを見たかぎり、教材のみで添削はないようですが、資料請求してみないと分からないことも多いです。各セット終了毎に会員向けサイト内でまとめ問題を時間を競って解いて、そのランキングを登録するような仕組みはあるようです。 この値段を高いとみるか、安いとみるか…。 (少なくとも、宮本算数教室に直接通うよりは、安上がりには違いないですが…。) 来年の4年生以上が対象ということは、今の3年生、4年生が資料請求対象ということ。 えぇぇぇ〜!!うちの長女(小3)も対象なんですか!? とてもうちでは手が出そうにないのですが…面白そうなので資料だけは請求してみます(苦笑)。

長女は株式会社Z会の受験コースを受講中なので、比較だけでもしてみようかと…。

難関校を目指す方は一度資料請求してみては、いかがでしょうか。
posted by なごやん at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

『夏休みくもんの1学期の復習ドリル(小3)』やってます。

1学期の間、長女があまりにも勉強しなかったので、とにかく2年生の漢字のおさらいと3年生1学期の漢字と算数のおさらいをさせるために、公文の復習ドリルをさせることにしました。 値段も手頃だし。 量も算数22回分、国語26回分となかなか手頃な分量です。 2年生までの漢字のおさらいも載っています。 3年生の漢字のおさらいは、1ページの上段で読み仮名を書き、下段でその同じ漢字を書く問題が出題されるので、反復効果も期待できます。 大体1回分、5〜10分程度で出来るものがほとんどなので、他の勉強にプラスしてもそれほど苦にはならないはず…なんですが…(汗)。 うちの長女の場合、これだけやって、今日の勉強が終わった気分になってしまって他のことをしないという、困った現象が起きています。 まあ、やらないよりはマシなので、よかったといえばよかった…? やる気のないうちの長女でも、それほどいやがらず続けられたのはよかった!! 明日で算数は終わりそうだし、国語もあと少しなので、夏休みドリルとしての使命は充分に果たしてくれたようです。 できてない分野もよくわかったし(苦笑)。 計算の演習不足、漢字の練習不足、読書不足、1dl=100mlを覚えていなくて、単位の変換を間違えまくっていたこと…。 このドリルが終わったら、もう少し毎日取り組んでもらうドリルを他に用意しなくては!! この夏に本、1冊も読んでなかったし…orz。 なんか基本的な部分が欠落してるような…。 困ったなぁ…。 Z会の受験コースから標準コースに乗り換えるべきか、真剣に悩んでます…。
posted by なごやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

スーパー理科事典(受験研究社)買いました!〜受験の後も使える辞典〜

最近、長女の調べ学習で、ネットばかり利用しているので、調べものの役に立つかと思い、スーパー理科事典(受験研究社)を買いました。 ひととおり目を通してみたのですが…ちょっと思っていたのとは、違ったみたい(苦笑)。 でも、写真と図解はいい!!! 特に科学の実験写真が秀逸! 指示薬の反応ひとつとっても、指示薬毎に実際の試験管にPH毎の反応を並べて一枚の写真に納めてあるという念の入りよう!(驚)。     小学生の調べ学習というより、中学受験の参考書の補完や中学〜高1あたりの学習辞典としても使えそうです。 説明文は、中学生向けという感じだけれど、図解と写真が良いので、それだけでも、結構分かるようにできています。 何でも載ってるわけではありませんが、高1までの理科のすべての範囲を1冊にまとめてあるので、確かに便利です。 長く使える辞典なので、まあ無駄にはなりませんが、うちの場合、当面の間は、長女のなぜなに質問対策の参考書になりそうな…(笑)。  
posted by なごやん at 17:01| Comment(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。