2009年11月30日

ネットで申し込む年賀状って安い!?〜オンラインラポの早割〜

実は今年、我が家は次女(小1)が入学したり、1年遅れで七五三したり…と、年賀状でお知らせするニュースが豊富♪ 入学とか、七五三とか…節目にあたるような年は、ちょっときれいな年賀状を用意したいものですよね。 例年、おうちプリンターで自作してきた我が家。 でも、毎年のことながら、これがけっこう大変なんですよね…。 そこで、外注を検討してみたのですが、これが意外とお得だったんです! もう、びっくり!! (昨日の記事では、あれこれ自作年賀状、店舗とネット…どれが一番お得か検証して、ネットで外注がお得という結論が出ました。今日はその続き♪) 写真年賀状100枚を印刷すると過程した場合、なんと我が家の場合はネットで申し込む年賀状の方がお得という結果だったのですが、問題はどこに頼むか。 あれこれ調べてみたのですが、私が見た範囲では、どうやらここがお得らしいというのが見つかりました。 ずばり! スタンダードな写真年賀状なら、12/10まで早割実施中のオンラインラボがお得!! では、さっそく、スタンダードな写真つき年賀状100枚を注文したとして、計算してみましょう。 オンラインラボの早割価格では、写真なし、写真+フレーム、そのまんま年賀状(自作データ使用)がいずれも基本料金980円。 プリント1枚43円が100枚で4,300円(税込)。 年賀状が100枚で5,000円。 980円+4,300円+5,000円=10,280円(税込) や、安い!! ちなみに我が家で全部自作した場合、EPSONの6色カートリッジがビッグカメラで1パック税込5,410円。年賀状が5,000円。 5,410円+5,000円=10,410円(税込) オンラインラボの方が楽してなおかつ自作年賀状より130円安い!! もうね、なんか突き抜けた安さです。 しかも、フジカラーだと料金アップしてしまう1枚に写真2点フレームの場合も料金そのまま! キャラものにこだわらなければ、オンラインラボの早割の方がだんぜんお得なんですね…。 お得な早割は12/10までです!!要チェックですよ! (ちなみに早割中は送料無料ですが、早割終了後は送料500円がかかってしまいます!早い方がお得!) ちょっとお高くなってしまいますが、ワンランク上のデザイナーズプレミアム年賀状もデザインが凝っていて、親戚への記念用七五三年賀にお勧めかも♪(デザイナーズプレミアム年賀状の早割は12/3までなのでお早めに!)   オンラインラボ リンクシェア レビュー・アフィリエイト  


posted by なごやん at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 年賀状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

検証してみました!自作年賀状VS店舗で注文VSネットでフジカラーの年賀状!

最近、忙しくて、目の前に郵便局があるのに、年賀状すら買いに行ってない私。 どうせ買ってないなら、この際、外注するのとどちらがお得か検証してみることにしました。

実は以前、フジカラーの年賀状の差出人部分の校正のパートをやってました(編集と校正の仕事は結婚前にいた会社でもやっていたので、昔とった杵柄というやつです)。 で、校正してるといろんなものが上がって来るんですよね…。 名前の漢字間違い、配置の悪いもの、家族の名前の入れ忘れや順番違い、住所、番地や電話番号がおかしかったり、2点以上写真がある場合の写真のハメ込み間違い…。 私がいた所では、一人だけでチェックするとミスが出やすいので、一つの版につき、必ず2人でチェックするようにしていました(すべての下請け会社でそうとは限りません)。 それでも、ごく稀にすり抜けてしまうこともあって…(もちろんこちらのミスもありますが、お客様の書き落としもあったり…)。慌てて、超特急仕上げでやり直したり…なんてこともあります。 店舗で手書き用紙で注文した場合、みなさんのお手元に届くまでには、いろんな人の手を渡りながら、知られざるドラマを経て(?)、出来上がっていくわけです。 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. そこで、 確実さの問題 自作、ネット、店舗申し込みの内、どれが確実でしょう? もう、お分かりだと思いますが、やはり自作とネットの方が確実であると言わざるを得ません。 自分では、滅多に間違えないし、万一間違えても…自分の失敗なら笑ってごまかせますよね(苦笑)。 ネット注文は自分でデータを入力し、そのデータをもとに年賀状が作られるので、こちらの方がまず確実。 問題は自分の名前に外字登録しないと表示できない文字があった場合。 この場合、自分のパソコンで外字登録した文字はネット注文では使用できないはず(互換性の問題)。個別に連絡をとって先方で外字登録してもらうとすれば…ちょっと厄介。 ただし、差出人欄を自分で印刷することにすれば、問題は簡単。どうせ宛先は自分で印刷するのですから、その時一緒に表書きに印刷すればいいですよね♪ もし…自分で外字登録するのが苦手な場合は、これはもう店舗に頼むしかないかも…(店舗で注文された場合は、請け負った会社の方で外字登録します)。    

美しさ これは、もう説明する必要はないですよね(苦笑)。 おうちプリンタもかなりキレイに印刷できるようになりましたが、写真ハガキ用の用紙を使うと高くついてしまいます。美しさでも、値段の面でも業者さんに一票。

お値段 あくまでも我が家の場合ですが、うちのプリンタはEPSONのPM−A890。6色インクカートリッジなので、ビッグカメラで買っても純正品は1パック税込5,410円します(ちなみに安物インクを使うとエプソンはインク詰まりをおこすという噂も…)。 念のため2パック用意すると税込10,820円。 計算しやすく年賀ハガキ100枚買ったとして、5,000円。 10,820円+5,000円=15,820円(税込) インクカートリッジが1パックで済んだとしても10,410円。でも、100枚程度印刷すると、大抵どれか1色だけがなくなるんですよね…。やっぱり2パックはいるかな。 それにしても、けっこうしますねぇ…。

例えばフジカラーにネットで注文すると、 一番安い写真年賀状(スタンダード星ひとつ)100枚の場合、基本料金が税込1,470円。 プリント代はスタンダードは1枚49円で、100枚で4,900円。 ハガキ代が5,000円。 1,470円+4,900円+5,000円=11,370円(税込) え!?こっちの方が安い??? これ…結構衝撃です。拝|゚Д゚|p もし、インクカートリッジが1パックで済んだ場合でも、うちの場合、10,410円なので、差額はわずか960円!! もちろんおうちプリンタのカートリッジ代はピンからキリまであるので、おうちの方が安くあがる場合もありますが…。 どうりで、こんなにおうちプリンタが普及してるのに、プリンタ持ってるご家庭でも外注した年賀状で送ってくることが多いわけです…(汗)。 とくに共働きの友人達は…外注が多いです。 納得。手間暇かかった上に高くついてたんですね、自作年賀状(涙)。

うわ〜ショック!! でも、まだまだ! 実は近所のダイエーのパレットプラザでフジカラーの写真年賀状を注文した値段も調べてみました! 実は店舗の方では、12/10頃まで早割を実施しているところが多いんです。 近所のダイエーもそう。 基本料金が同じ星ひとつのスタンダードなら、1,890円(税込)。 早割1枚45円で100枚なら4,500円(税込)。 ハガキ代が100枚5,000円。 1,890円+4,500円+5,000円=11,390円(税込) むむ!?早割なのに、店舗の方がネットより20円高い!? ん〜、店舗によって多少値段は違うと思うのですが、意外とネットの方が安上がりのようです。 やはり店舗の場合、人件費がネック? でも、買った年賀状を持ち込みで印刷出来るのは店舗のみ(ネットは不可)。 キャラクター ライセンスものは、フジカラーならお手のもの!! 定番のディズニー、サンリオ、ピーターラビット、スヌーピー、ドラえもん、ポケモンに加え、今年は新柄として、しまじろう、リラックマ、エルマーも増えました! キャラクターを使用しても、星ひとつのスタンダードタイプの中から選べば、基本料金はフジカラーのネット注文の場合1,470円のまま! ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* 結果発表〜!! 写真で年賀状はネットがお得!! (もう負けました〜〜!) FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス) でも例え手間ひま、時間にお金までかかっても、手作り年賀状の方が味がある…よね♪(←負け惜しみ!?)

でも、まだこれだけでは終わらないのだ!! ネットならネット同士で比較したらどうなる!? 次回、乞うご期待!!

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
posted by なごやん at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 年賀状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。