2010年01月28日

3D映画『AVATAR』(アバター)、IMAXで観て来ました!(子供に3D映画はダメ!)

今日、もしかしたら10年ぶりくらいに主人と映画、それも今話題の『AVATAR』(アバター)を観て来ました! 『タイタニック』の記録をわずか30数日で超えてしまった『AVATAR』…。 しかも、3Dは劇場でしか観れない。 そして、162分という上映時間は子供には耐えられまい…。 …ということは、やっぱ、平日の午前中に観に行くしかない♪ 本当は字幕で観たかったのですが、子供達のいない午前中に字幕でやってたのはたったの1館。しかも、窓口へ並ぼうとしたら、 午前の部「完売」ですと〜〜〜!? 平日だというのに、エラい込みようです。 近くの別の映画館(午前中に吹き替え上映予定)に行くと、今度は長蛇の列。 こちらは、少し場所が不便だったので、『AVATAR』自体はまだ余裕があったのですが、『リリカルなのは』の上映館でもあったので、チケット売り場はアキバ系男子であふれかえっておりました…。 やはりネットでチケットを先に手配しておくんでした…。 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. さて、苦労して観た『AVATAR』の感想ですが… 面白かったです!! 映像が素晴らしかったのは言うまでもありませんが、 単なるファンタジー英雄ものでは終わってないところが、いい。 純粋に主人公達に感情移入して、世界に入り込んで観る楽しさはもちろんですが、観る人によっては、違う見方もできる映画になっています。 現実の世界への痛烈な批判を含みつつ…主張しすぎないので、普通に観ている分にはほとんどの人は気づかないかも…。 植民地化、軍事力の行使、原住民への迫害、異文化交流のあり方…歴史上繰り返され、今なお解決していない、いろんな問題を提起しつつ…基本、ちゃんと娯楽作品に仕上がってます。 気がつくと、どっぷり映画に浸りきり… テロップが流れ、上映が終了した瞬間、なぜか映画館は静寂に包まれていました。 誰も動かない瞬間…。 皆、そこを立ち去り難い雰囲気がありました。 こんな感じは初めてです。 上映が終わって、3Dメガネをはずした後、なぜか現実の方が非現実のような奇妙な感覚に捕われました。 見終わった後に、主人公への最大の共感が生まれるというこの不思議。 『AVATAR』…侮れない映画です。 ちなみに… うちの旦那の観賞後第一声は、「疲れた…。」でした(苦笑)。 確かに、目は半端なく疲れます。 肩も凝ります。 左右の視力が違うと、部分的に焦点が合いづらいポイントがあったりします(←私)。 メガネの上に3Dメガネをかけると、視野が狭く、画面端に出る字幕が視界に入りきりません(←うちの主人)。 3D映画…目の健康な方向きかも…と思いました。 3Dの観れるテレビがもうすぐ発売予定だったと思いましたが… 「家庭に3Dはいらん!」という結論に夫婦そろって達しました。 こんな目の疲れるもの、日常的に子供に見せたら絶対ヤバいです! 子供向けの3D映画も増加の傾向ですが、我が家は普通バージョンへ連れて行くことで珍しく意見が一致しました。 3D…子供には遊園地の3Dアトラクションぐらいの分数で充分です。 映画はちょっと長過ぎる…。

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト 映画館で並ばずにチケットが買える!

posted by なごやん at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする