2011年05月01日

被災地へ花を手向けよう(日比谷花壇の取り組み)

先日、母の日の花を日比谷花壇で注文していて気づいたのですが、
日比谷花壇さんも東北大震災で
フローリストらしい支援活動をしていることを知りました。

今回の震災では本当にたくさんの方が亡くなられました。
その中で、日比谷花壇さんはご遺体へ手向ける献花を用意したり、
棺の組み立て、納棺など、葬儀関係の支援を中心に行っていたようです。

また、普段は花を運ぶトラックで物資の募集・搬入にも参加されていたとのこと。

(これまでの日比谷花壇の詳しい活動については、特設被災地支援金サイト『絆の花』をご覧ください。)


日比谷花壇 絆の花



私の中では日比谷花壇さんがこんなに早く活動されたというのは、
結構意外でした。
でも、よく考えてみると…
お花というのは人生の節目節目、
喜びの時にも、哀しみの時にも、
傍らにあるものなのですよね。

人生最後の場面に、もし1本のお花もなかったら…
それはあまりにわびしすぎる。

日比谷花壇さんの活動は、
食べ物や着るものだけではない、心の部分の支援だと思うのです。


今回、日比谷花壇さんに集められた支援金は、
各自治体で実施される葬儀、慰霊祭、お別れ会等のお花に使用するとのことです。

私たちが直接被災地へ行って、お花を手向けることはできませんが、
日比谷花壇さんの活動を通して、せめて心を届けることができれば…と思います。

賛同いただける方はご協力よろしくお願いいたします。


↓ワンクリックで応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


posted by なごやん at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | チャリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。