2010年04月18日

母の日豆知識(ペットのいるお宅にはプリザーブドフラワー)

やばい、母の日の花をそろそろ注文しないといけない時期ですね。 (出遅れると、高いのしか残ってないですもん…(苦笑)。) …というわけで、今日は母の日に贈る花をチョイスする時の豆知識。

わんちゃんや猫ちゃんなど動物ペットをお部屋で飼っているお宅には、生花よりプリザーブドフラワーの方がいいらしい。 何故って… 時々、お花を食べちゃう困ったペットちゃんがいるから。 実は義母に何度か生花を贈ったことがあったのですが、パートで家を開ける時間が長くなった年に、受け取りがしやすいようにとプリザーブドフラワーを贈ったら、とても喜ばれたのです。 それも、私が思っていたのとは全然違う理由で…(!)。 実は、主人の実家の猫ちゃんは、生花をつまみ食いしてしまう困ったチャンなんだとか。 生花のアレンジだと食べに来るけど、プリザーブドフラワーならそんなに食べられないから大丈夫…ということで、喜んでもらえました。 以来、主人の実家へはプリザーブドフラワーばかり(^-^;。 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. お花好きなのは、主人の実家の猫ちゃんだけかと思いきや、調べてみると、どうもそういうわけでもないらしい(わんちゃんでも食べちゃう子はいるらしい。うさぎやハムスターはどうなんだろう…??)。 動画サイトなどにも、花を食べる猫の動画がいくつか投稿されてるようなので、結構いると考えて間違いない。 個体差はあるにしても、あれば食べてしまうかもしれないので、遠ざけておくに越した事はない…ということでしょう。 (そういえば、金魚でもやたら水草を食べるのが好きなのと、そうでないのがあったりしますね…。) 花もすべての花が食べると毒なわけではなく、種類によるのですが…これが結構多かったり(苦笑)。 いちいち避けるのも面倒(ユリとかチューリップみたいなのもダメ)。 しかも鑑賞用の生花ともなれば、農薬もたっぷり。 大切なペット達にあげるわけにはいきませんよね。 万一、プリザーブドフラワーでも食べちゃうようなペットちゃんの場合は、どこか戸棚の中にしまうなどの対策が必要かもしれません。 まあ、生花でなければ、水がないのでどこにでも収納できるので、融通は利きますよね。 なんにせよ、飼ってない自分にとっては、「生花がダメ」というのは、かなり意外でした。 飼ってらっしゃる方は、みなさんご存知…なんですよね、きっと(すいません、全然知りませんでした)。 というわけで、気遣いとして、室内飼いの動物のペットがいるお宅には、生花ではなくプリザーブドフラワーにしましょう…というお話でした♪ (あ、これ…別に母の日に限った話じゃなかったですね(苦笑)。) ↓日比谷花壇のプリザーブドフラワー♪今年は値段も手頃です。 日比谷花壇 フラワーギフト 【母の日】【ネット限定】プリザーブドフラワー「レッドベリー」 (税込4,200円、送料別)  


posted by なごやん at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 母の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。